FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2004 09/04

フェスティバル 体風の芽

フェスティバル「体風の芽」 初日のカーテンコールより。                                                         thumb_1094230828.jpg   今年でこのフェスティバルも4回目を迎えた。                                                         もともとはフランスでヌーボーシルク(コンテンポラリー・サーカス)のフェスティバルを色々見て影響受けたのがきっかけでこの企画を始めた。         フランスのような現代的なサーカスは日本では皆無だが、パントマイム、ダンス、アクロバット、大道芸人の人たちがこのフェスティバルに参加して、盛り上げている。そしておもしろい!                                                                   みるとフランスの舞台芸術と価値観が違うのがよくわかる。起承転結がはっきりしていてリズミカルに展開して、爆笑出来るところがけっこうあるのが日本の参加者作品の特徴だろうか…。                              それにくらべるとフランスの舞台は素朴だ。単純な事を時間をかけて丁寧に創り上げて、新しい事、オリジナルなものを常に目指す。できた作品はつまらない事もあるけど、はまるとやばい。いままでにみたこともないようなものがあったりする。  どちらの国のパフォーマンスもおもしろく優劣をつけることはできないけど 日本とフランスの両方で活動して、その文化の違い、価値観の違いにこれからも揺れ動かされながら公演していくのは苦労も多いが、楽しみでもある。 今日は150人ほどお客さんが入った。いまの場所では満員一歩手前だ。あしたは予約が今日よりも入っていて、ソールドアウトになってしまった。200人を越えそうだ。お客さんをいれるために、あしたはみんなで客席増やし。                                                             9月5日(日曜)までやってます。楽しめる事間違い無し!予約はお早めに。                                          来週はフランス・ランスのジャグリングフェスで公演して、次はイタリアローマでやって、南下してレッチェでやって、フランスに戻って、アルル、ペルピニャン、ストラスブールで公演します。 体力もつかな…。

この記事と関連する記事

フェスティバル 体風の芽

(0)TB(0)

AFTER「日本のパントマイマー

BEFORE「ヨーロッパに戻る前に…、フェスティバル体風の芽

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top