カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンウィーク!

日本に帰ってきてかれこれ2週間以上たつ。 最初の10日間は、札幌の山の中にある文化施設「札幌芸術の森」で過ごした。 毎日、自分の作品作りをしたり、地元ダンサー達と練習したり、他のアーティストと話したりと、文化三昧自然三昧の日々…。施設の中には木工房、ガラス工房、陶工房、版画工房など様々な工房があり、講習会を開いたりしている。他にも美術館、野外美術館、屋内ホール、野外ホール…etc、とにかくいろんな物がつまっていて、ひと粒(一カ所)で2度3度4度と楽しめる。 今回は施設のさらに山の中に入っていったところに建つ「絵画アトリエ」に泊まった。木々に囲まれ、まわりに民家は無く景色は最高でかなり満足。詩が書けそうだ。でも書かない。その空気を満喫しただけで脱力、無心…。 しかし夜はまいった…。 練習を終えアトリエに戻ろうと山の中に入っていったら、あたりは真っ暗。いつもならついてるはずの電灯も、夜遅すぎるせいかすべて消えている。ま、大丈夫だろう、と思って更に入っていく、が道が見えない!都会では体験する事のないような闇。そして自分の心臓の鼓動が聞こえてくる程静かだ。キタキツネに襲われないように気を付けてくださいね…、みんなの忠告を思い出す。するとまわりにキタキツネ達の気配がする…、そんなバカな!そのキタキツネの後ろから、息を殺してクマが僕の動きを観察している。いつ襲おうかと狙いながら…、「ギャ-!!!」一目散に下まで駈け降りて、事務所の人に懐中電灯を借りる。 あー、ちびるかと思った。けどもう大丈夫。闇の中で懐中電灯はビームサーベルのように光の筋をつくって恐怖を追い払ってくれる。文明万歳!僕の勇気万歳!これさえあればもう恐く無い。チビらなくて良かった…。 芸術の森 / www.artpark.or.jp  よかったらのぞいてみてください。夜中はおすすめしませんが、それ以外の時間帯はお勧めです! さて、東京に着いてかれこれ4日間。ここのところ素晴らしく天気がいい。しばらくご無沙汰だった、僕の日本の250ccのバイクも御機嫌に走り回ってくれている。 日本はゴールデンウィークまっただ中。明日からまた山の中、石川県のけんじワールドに出発だー! 温泉もプールもレストランもホテルもあって、宮沢賢治を100パーセント感じられるところではないけど、リゾートとしては楽しいところ。お仕事ついでなのでたくさん楽しませてもらおっと! みなさんも素敵なGWを送ってください。

| 日本のプロジェクト | 08:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keisukekanai.blog87.fc2.com/tb.php/61-c1733e2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。