カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スロームーブメント ネクスト・ステージ 



素晴らしいダンサーやパフォーマー達と、2020年の東京に向けたフォーラムがあります(今回は、僕は演出のみの参加です。ぜひ会場でお会いしましょう!)

1月末に予約締め切り。要予約!!!

l_OIU5F8lR.jpg


東京2020公認文化オリンピアード

SLOW MOVEMENT Next Stage
ショーケース&フォーラム

日時:2017年2月12日(日)14:00-17:30(13:30開場)

会場:スパイラルホール



2020年に向け注目を集める障害者の舞台芸術分野。
「スロームーブメント」は、2015 年より年齢、性別、国籍、障害の有無を越えた多様な市民が協働して創作する市民参加型パフォーマンスプロジェクトを実施するとともに、障害者パフォーマーを支える人材の育成など、環境の整備も行なってきました。

今回「SLOW MOVEMENT Next Stage ショーケース&フォーラム」では、「スロームーブメント」の今までの活動を踏まえ、次の展開を提示します。
ショーケースでは、多様な体が織りなす現代サーカス「Wonder of View」と聾のダンサー出演作品「聞こえなくても、聞こえても『ダンス劇』」の2 作品を少数精鋭のパフォーマーによって上演します。

フォーラムでは、栗栖良依(SLOW LABEL ディレクター)、柴田翔平(Stopgap Dance Campany プロデューサー)、菅野薫(株式会社電通 CDC / Dentsu Lab Tokyo グループ・クリエーティブ・ディレクター/クリエーティブ・テクノロジスト)、鈴木京子(国際障害者交流センター ビッグ・アイ 事業プロデューサー)が登壇し、2020年に向けて障害者の舞台芸術について考えます。


◼︎プログラム◼︎
▶︎ ショーケース 総合演出:栗栖良依
少数精鋭のパフォーマーたちと実験的な作品づくりに挑戦します。
1. 「Wonder of View」
多様な体が織りなす現代サーカス
演出:金井ケイスケ
出演:大前光市、かんばらけんた、定行夏海、高津会、森田かずよ、吉田亜希
2. 「聞こえなくても、聞こえても『ダンス劇』」
演出:熊谷拓明
出演:鹿子澤拳、南雲麻衣
▶︎ フォーラム(手話通訳付き)
東京オリンピック・パラリンピックに向けた障害者の舞台芸術を考えるフォーラムと共に、終了後にはインクルシブな舞台制作に取り組む団体と文化芸術関係者の交流の場をつくります。
登壇者(予定):
栗栖良依(SLOW LABEL ディレクター)
柴田翔平(Stopgap Dance Campany プロデューサー)
菅野薫(株式会社電通 CDC / Dentsu Lab Tokyo グループ・クリエーティブ・ディレクター/クリエーティブ・テクノロジスト)



◼︎開催概要◼︎
東京2020公認文化オリンピアード
SLOW MOVEMENT Next Stage ショーケース&フォーラム
日時:2017年2月12日(日) 14:00~17:30 予定(13:30開場、終了後 交流会あり)
会場:スパイラルホール(東京都港区南青山5-6-23 スパイラル3F)
観覧料:無料
※ 要申込。応募者多数の場合は抽選。1月31日申込〆切、結果通知2月3日
ウェブサイトのフォーム(http://www.slowlabel.info/join-form/)またはFAXで受付します。

主催:スロームーブメント実行委員会
共催:港区 <平成28 年度港区文化プログラム連携事業>
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:国際障害者交流センター ビッグ・アイ



◼︎SLOW MOVEMENTとは◼︎
「SLOW MOVEMENT」とは、<多様性と調和>のメッセージを街中に広めていくことをめざし、総合演出・栗栖良依のもと、様々な分野のアーティストと、年齢、性別、国籍、障害の有無を越えた多様な市民が協働して創作する市民参加型パフォーマンスプロジェクトです。2015 年に活動をスタートし、スパイラル、国連大学前広場、豊洲公園、象の鼻テラスにて『The Eternal Symphony 1st mov.(第一楽章)』 を発表。その後、東京、静岡、大阪、長野など日本各地でワークショップやミニパフォーマンスを重ねたのち、2016 年10 月には六本木アートナイトにてスペシャルバージョンを発表して話題となりました。また、作品制作や発表を通して、障害のあるパフォーマーの発掘・育成、アカンパニストやアクセスコーディネーターといった障害のあるパフォーマーのサポートをする人材の育成も行っています。

スパイラル・サイト
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2160.html

| 最新公演スケジュールなど | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keisukekanai.blog87.fc2.com/tb.php/593-5f296add

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。