カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

急遽決定! エディ・マーレム ダンスワークショップin 松本


長野県松本市で、エディ・マーレムダンスワークショップを急遽開催することになりました
今回、振付家のエディは、ツアー先のアメリカから日本にやってくるのですが、なんと松本にしか滞在しません。
しかも用事は半日のみであとは観光…。初の松本ではありますが、さすがにそれではもったいないと思い、ワークショップを企画することにしました!
ご参加お待ちしていまーす。

****************************************

エディ・マーレム ダンスワークショップレクチャー


日本の文化である「合気道」 そして「ダンスへ

HeddyMaalem_a.jpg

なぜ、南フランスの合気道の先生が、ある日を境にダンスに目覚め、アビニヨン国際演劇祭の「核心的テーマ」作品に選ばれ、その後多くの海外ツアーで成功を収めることができたのか…。

ダンス教育を受けたことも、舞台経験も一度も無く、フランスダンス界に突如現れ、多くのファンを魅了したエディ・マーレムと彼のカンパニー。

彼のカンパニーのダンサーでもあった松本在住サーカス・アーティスト/金井ケイスケとエディ・マーレムのトーク、そして映像を交えながら彼のダンス作品の神髄にせまります。

compagnie-heddy-maalem_post.png
2004年<春の祭典>


日時2015年12月13日(日)

(受付10時00分)
10時30〜12時00 エディ・マーレムによるダンスワークショップ(定員7名)

12時00〜13時00 昼食会 (Coudouで昼食の販売あり)

13時00〜14時30 レクチャー&座談会(定員15名)
(カンパニー作品の映像を交えたエディと金井ケイスケのトーク 参加者との座談会)

参加費
ダンスワークショップ参加 1500円
レクチャーのみ参加 500円 (ダンスに参加される方は無料)

会場 Bio Cafe Coudo ビオカフェ・クド 
住所 長野県松本市中川7768 (旧四賀村)
電話0263-88-8361
ホームページ/www.coudo.org
(自然の中の、囲炉裏のあるステキな古民家カフェです!)

<お申し込み&問い合わせ>
メールでのお申し込み
Keisuke Kanai★gmail.com (★の部分を@に変えてください)
もしくはこのサイトのメーリングフォームからメッセージをお願いいたします。
お申し込みの際、以下の質問にお答えください。

1、氏名、だいたいの年齢
2、連絡先(メールアドレス、電話など)
3、肩書き 職業
4、ダンスや身体を使った表現経験の有無
5、希望のテーマ(ダンスワークショップのみ、レクチャーのみ、など)

お電話での問い合わせ/ 080-4412-7472 (金井ルミ)

※昼食はカフェで販売いたします。ご希望されるかたは事前にご予約をお願いいたします。

応募締め切り/ 12月10日(木)
※応募者多数の場合はこちらで選考させていただきます。ご了承ください。
champ.jpg
2006年 <シャン・デ・フォルス>


絵画のような静謐さと部族のトランスダンスの境界を超越するような彼の振付けは、従来のダンスジャンルの枠を超え、熱狂的なファンに支持されています。
 
時にユーモアを交えた彼のダンス作品は、数多くのダンサーとのコラボレーションで成り立っています。
アフリカの奥地からダンサーを連れてきたり、サーカスアーティスト、アメリカのHIPHOPダンサーなど、正統派ではないジャンルを超えたダンサー達、そして西洋人に留まらず、アジア人、アラブ人、アフリカ人、イスラム、キリスト、仏教などあらゆる宗教、国境を超えた作品作りをしています。 

合気道のエスプリから派生したといっても過言ではない彼の作風、彼の考えは、世界で起きている戦争や暴力、そして今後の日本を考える上で、非常に有意義になるものだと思います。
Champ1.jpgシャン・デ・フォルス/2006年

<エディ・マーレム プロフィール>
フランス人とアルジェリア人の混血。子供時代を北アフリカのアルジェリア、そして青年期を南仏ラングドッグ地方で育った、本人いわく「地中海生まれ」。 

子供時代にアルジェリア戦争を経験。暴力や民族対立、親類との別れを経験し、その後家族とともにフランスへ。
20代はアマチュアとしてボクシングに明け暮れ、日本からやってきた合気道の先生達との衝撃的な出会いを機に、合気道の道へ。その後フランスで合気道の指導者となる。
そして「偶然による必然」と彼が言うように、ある日合気道の道場で、突然のひらめきと共に彼のダンスは生まれる。 1985年よりダンス創作へ。
現在は、ダンスカンパニーの代表/振付家としてフランスを中心に活動。

<主な代表作>
ブラック・スプリング/2000年、春の祭典/2004年、シャン・デ・フォルス/2006年、エロージュ・デュ・ピュイッソン・ロワイヨーム/2013年

カンパニーホームページ Heddymaalem.com

chmps2.jpg
シャン・デ・フォルス/2006年
krump-cie-heddy-maalem-_-photographe-sonia-jade.jpg
エロージュ・デュ・ピュイッソン・ロワイヨーム/2013年


| コンテンポラリーダンス | 07:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/11/13 13:20 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keisukekanai.blog87.fc2.com/tb.php/572-c47da0fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。