FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2004 04/07

ロワール河の真横、トゥール公演

今回の照明バート君、ここんところランスの児童演劇フェスティバルで照明をやっているらしい。 もうすぐ夜明け、いまトゥールから帰って来たばかり。 トゥール公演は成功でした。こうやって書くといつも大成功しているみたいだけど、ここんところほとんど成功している。こないだ行ったランスの大聖堂でジャンヌ・ダルクにお参りした甲斐があった…。 大学が持っている劇場だったせいか、観客には血気盛んな学生が多くて、カーテンコールでは立ち上がって拍手したり、ブラボーと叫んでいた。ちなみに日本でブラボーを聞くことはオペラにでもいかない限り、あまりない。だいたいブラボーってどんな意味なんだろう、みんな意味解っていってるんだろうか…、と辞書で調べてみたら「いいぞ、うまい、しめた」とでていた。日本で公演やった時はぜひこの「しめた!」を言われてみたいな…。 トゥールは古城めぐりも、地元ワインも飲まなかったし、セバスチャンのわがままで、昨日は中国人経営の寿司屋、そして今日の公演後はタルタルステーキだったので、いわゆる「旅の思いで」というやつはまったくなにもない…。しかも寿司屋の名前が、外国でよくある「すしtokyo」というやつだったので、寿司ではなく思わず焼き鳥を注文してしまった。 今回北海道の劇場関係者が来ていて、ぼくのまわりのフランス人は大はしゃぎ。僕が教えた30秒日本語会話を「ドーモデス。セバスチャンデス。アツイヨー。オイシイヨー。ハラタベタ。ナンジタベタ…」とか結構インチキにつかっていた。  さ、来週は仕事の打ち合わせで札幌へ出発だ。  ジンギスカン、スープカレー、札幌ラーメン、すし…、あー考えただけでよだれが… 、そして温泉!!!  そんなわけで「フランス・サーカスの旅」が「北の国から・サーカスの旅」へ。 そのまえに、とりあえずの目標は、トゥールーズツアーを書き終えること。  では、おやすみなさい。

この記事と関連する記事

ロワール河の真横、トゥール公演

(0)TB(0)

AFTER「トゥールーズツアー・ ロデズ パート2

BEFORE「トゥールーズツアー・

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top