FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2004 03/24

アフリカツアー・

 ガボン、カメルーン公演より 2004年1月14日~21日/ガボン         パート・       1月21日~26日/カメルーン   「ガボンはアフリカ大陸の赤道上にある国で油田があり、その上に位置するのがサッカーでセネガルとともに有名なカメルーン。ガボン、コンゴの国境沿いでは難民キャンプがありエボラ出血熱などの伝染病がある。どちらも公用語はフランス語。」 1/24、都会ドアラではストリートチルドレンたちに囲まれつつも、舞台は好評のうちに終わった。アフリカツアー打ち上げとして、地元フランス人シルヴァンの案内のもと、夜の街へ繰り出す。 彼はアフリカ赴任2週間目に、乗っていた長距離バスが横転し、乗客約40人のうち30人が死亡する大事故から、奇跡の生還を果たした。とにかくテンションがいつも高いので、なにか変なものを食べてるのか、と彼に聞いてみたら、バス事故以来生きることがとにかく楽しくなった、といっていた。 シルヴァンは夜のドゥアラの街ではなかなか有名人だ。金持ちも貧乏人も彼のまわりに群がってくる。ちょっとした歓楽街の王様だ。 さっそくシルヴァンおすすめの寿司屋に入る。アフリカに来るのも初めてならアフリカの寿司屋に入るのも初めてだ。その寿司屋は、地元ではもっとも高いレストランのひとつのようだが、目の前が海のためか刺身がうまい!黒人が着物姿ですし握っているのは何かヘンだったけど…。 そのあと街の中心地にひしめくクラブ街(踊る方)に繰り出す。娼婦がしつこく寄ってくるたんびに店を移動していたら、クラブを5軒はしごしていた。ここドアラはアフリカの遊び人にとってはもっとも熱い場所らしい。ちなみに僕の踊りを見たアフリカ人はみんな「ジェット・リー!」と叫んでいた。全員はぐれること無く朝6時にホテル帰着、爆睡。  朝…。昨日の夜あれだけ酒を飲んだのに爽快に目覚める。ホテルのプールに寝起きのまま飛び込む。あとの三人のメンバーも次から次へとやってきて、昨日のアフリカ最後の公演について語る。 ここのホテルはドアラでは最高級らしくプールサイドには金持ちそうな白人とアラブ人達が多い。なかでも40~60歳代の白人男と若い黒人女カップルが目を引く。彼等は全くといっていいほど会話が無い。黒人女はとびきり美しくそのことに自信を持っているようで、一緒にいる白人男の方は落ち着きが無くかえって目立つ。この街では娼婦とその女を買いにくる男達で経済が潤っていることは否めないだろう。  ぼくは泳ぎが苦手で、おなじく泳ぎの苦手なフレッドと50メートルをクロールで何本か競争する。ふたりともへとへとに疲れパラソルの下で昼寝。  夢を見た…、クジラに乗った王様に100円玉をもらう夢。きっと何かのご褒美に違いない。あしたもいい日になりますように…。

この記事と関連する記事

アフリカツアー・

(0)TB(0)

AFTER「アフリカツアー・

BEFORE「アフリカツアー・

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top