カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フランス/トゥールーズツアー

thumb_1080686459.jpg
公演地のガソリンスタンドで見つけた自分達の公演ポスターの前で

僕とセブの二人だけの小さなサーカスカンパニー「オキハイクダン」
今回は約10日間の南仏ツアー


2004年
2/19~2/22 サン・ローラン・ドゥ・ネスト
2/23      トゥールーズ
2/24~2/25 ロデズ
2/26~2/27 ラモンヴィル
2/28~2/29 ヌガロ

19日朝、パリ・バニョレ門で相棒のセバスチャンと待ち合わせ。ここで待ち合わせるのももう何度目だろう…。さっそく食料を買い込んで、トゥルーズ地方へセブ(セバスチャン)のキャミオン(バン)で出発する。

多くのサーカスアーティストがパリではなく地方に住んでいるように、彼もまた地方に住んでいる。パリや都市部は、サーカスの為の場所がほとんどない。空中芸や道具を使うアクロバットのアーティスト達は田舎の農家や朽ち果てた農業倉庫を改造して練習場にしていたりする。

セブも最近ピカルディー地方/アミアンに土地を買った。もともとアミアンは彼の地元で、自分のおやじに手伝ってもらいながら、家を建てていくらしい。当然設計図には彼の空中ブランコの練習場がある。完成は1、2年後…。

アミアンからパリまで車で約2時間、そしてこれから行くサン・ローラン・ドゥ・ネストはさらに遠く約8時間ぐらい、距離にして787キロ…。

 いつも思うのだが、パリから高速道路で南下する時の景色は飽きる。フランスの中央/サントル地方あたりは特に何もない…。
運転手はセバスチャン一人、僕は免許なし…。
というわけで僕の車の中での仕事は飲み物や食い物を渡したり、CDをかけてこまめに話題を提供し、ナビゲーターを努めることだ。
僕は最近買ったばかりの楽器「メロディカ(日本ではピアニカ)」を暇つぶしに持参。到着するまでに曲を4、5曲覚えただろうか…。ミディ・ピレネー地方に入った頃には、すっかりあたりは暗くなっていた。

南フランスの一番の楽しみは太陽だ。
オレンジ色した建物やオリーブをふんだんに使った料理などはまさしく南仏のイメージそのもので、できれば南に移住したいと思っているフランス人はたくさんいる。
僕らも今回のツアーは半分バカンス気分で、わざと二人とも薄手のズボンとシャツで来た。もうすっかり暗いが気にすることはない。北に位置するパリやアミアンからきた僕らにしたら、やはり南仏は、夜でも楽園に変わりはない。

夜8時、サン・ローラン・ドゥ・ネスト到着。猛吹雪…、本当に、猛烈に吹雪いている…。幸運にもこないだスウェーデンに行ったばかりのセブの車はスタッドレスタイヤをはいたままだった。寒さで二人ともガチガチに震え、雪に視界を遮られながらも無事、隣町にあるホテル「オテル・デュ・ピレネー」へ。

ホテルのレストランで食事…。
客は僕らだけ。到着が夜遅くなるはずだった僕らには、ちゃんと「モンション・ドゥ・キャナール(鴨料理のひとつ)」が乗ったサラダが用意されていた。
ガチガチに震えている僕らにはちょっと冷たすぎる料理だ。たまりかねて暖かいスープを注文しようとするが、「今日はもう厨房の火を落としたから何も出せない」と断られ、さらに「遅く着くなら電話ぐらいしなさい!」と給し役も兼ねているホテルのマダムに叱られた。

なんだか感じの悪いマダムだ。しょうがないので寝室へ…。

幸運にも浴槽があったので、風呂に浸かりながら、冷えた体を温める。南仏の輝く太陽はどこにいってしまったんだろう…、と考えていたら、お風呂場のデコレーションが気になって来た。タイル一枚一枚にはバラ模様がついていて、洗面所には手縫いの人形が飾ってある。お世辞にもうまいとは言えず、むしろ気持ち悪い…。どうやらさっきのマダムの趣味らしい。

風呂からあがって良くみたら寝室もバラ模様、シーツもバラ模様で、おまけに人形が三体ほど飾ってある。なんだか子供の頃に行った「蝋人形の館」を思い出す…。ここに三泊もするのかと思うと気がめいるなー、と思っていたら相棒のセブが、僕の寝室へやってきた。

彼は僕の部屋をみて笑っていたが、彼の部屋もさらにすごかった。床には多分本物の、狐だか猫だかなんだかの毛皮が敷き詰められていて、枕元の壁には巨大な金色の扇子がかかっている。どうやら部屋ごとにテーマがあるらしい。彼の部屋のテーマをあえていうなら「狩猟好きの中国皇帝の部屋」だろうか…。

朝、ホテルのレストランで朝食。昨日は気が付かなかったがここもバラだらけ(みるからに造花)で人形が至る所に飾ってある。

バイキング形式のテーブルの目の前には、ここの主人であるマダムの写真が額縁に入って飾られている。彼女の写真は廊下やロビーにも飾ってあったが、ここのが一番すごい…。ドレス姿の彼女が片方の肩ヒモをわざとはずしてこちらに微笑んでいる。朝から気持ち悪いものを見てしまい、セブとふたりして食欲を無くした。


こうしてトゥルーズツアーの第一日目は、吹雪と色仕掛けのマダムの微笑みによって幕をあけた…。パート2へつづく…

| トゥールーズツアー | 16:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keisukekanai.blog87.fc2.com/tb.php/5-1fc25ad2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT