カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月30、31日 実演家向けワークショップ 参加者募集


実演家向けワークショップ『オブジェと対話する2日間』



日 程 2012年 8月30日(木) 14:00~17:00、
        8月31日(金) 14:00~17:00 <全2回>

    ※会場は都内の体育施設を予定しています。

進行役 金井圭介(サーカスアーティスト、ダンサー)

参加費 一般:6,500円 / 学生:5,500円 <全2回>

対 象 作品創作に取り組みたい または 関心のあるジャグラー、パフォーマーまたはダンサー
    ※連続した内容のため、2日間ともご参加いただける方のみとさせていただきます

定 員 10名
    ※応募者多数の場合は抽選となります。(結果は全員に連絡します。)

★お申し込み方法 下記のリンクよりお申込フォームをご利用ください
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/f362cf48205019 
【応募〆切】2012年8月20日(月)


DSC_4591 のコピー のコピー

 

パフォーマンスや演技を創る、と書くと一言ですがとても大変です。
たくさんの時間と根気とアイデアが必要ですし、得意な動きや道具も人それぞれ。
絶対正しくて間違えのない創り方なんてものはありません。

それでも試行錯誤を繰り返して、じりじりとオリジナルの表現を創っていく。
そのアウトプット作業をおこなうためには、自分の中で煮詰める時間と
いろいろなものをインプットしていく時間が必要ではないでしょうか。



このワークショップは、人を集めるための大道芸スタイルの演技ではなく
舞台やステージといった演技のための空間での表現を前提にしています。
作品創造や技術習得を直接的におこなうものでもありません。

これから自分の演技や舞台など、創作をおこなっていきたい方に向けて
オブジェを扱う自分の身体や感情、空間やそれを観る人びととの関わり方なども
改めて感じ捉え直しながら、さまざまなアプローチを重ねる時間を経験してもらいます。


少人数でアタマもカラダもつかってオブジェと対話する2日間連続のワークショップ。
オブジェと身体が動く時、何を意識して、どこにポイントを持っていくのか?
視点をちょっと変えたりずらしてみたりして、今までとは違う動きを発見していきましょう。


《プロフィール》金井圭介 Keisuke Kanai
1999年にフランス国立サーカス大学(CNAC)に入学し、卒業公演としてフィリップ・デュクフレ演出のサーカス『CYRK13』に出演。2年間のツアーを経て自身のカンパニー Oki HaikuDanを結成してからは、約10年に渡ってヨーロッパ、中東、アフリカなど36カ国で公演をおこなう。2009年秋に完全帰国を果たし現在は長野県松本市在住。パフォーマー ケ・イスケとしてジャグリングやパントマイム、ダンスパフォーマンスなどで、各地の舞台、ワークショップ、大道芸、フェスティバルなどで奇想天外に活躍中。「くるくるシルクDX」のメンバーでもある。
http://keisukekanai.blog87.fc2.com/

_ _ _

[お問い合わせ] koen企画 奥村
メール info.koenproject@gmail.com
電話 090-8597-7552


| 日本のプロジェクト | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keisukekanai.blog87.fc2.com/tb.php/394-b617eb1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。