FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2008 07/24

スイス、べルシオへ

ガイコツのディジョン公演を終え、7月も後半に

今回の旅は、ミラノからドモドッソーラを経由してべルシオへ

パリから格安飛行機easy jetでイタリアのミラノに入る

DSCF6933.jpg


何度来てもミラノはつかみ所がない…
ツアーでミラノ経由で移動する事は多いけど、 あんまりおもしろいところが見つけられない街なので記憶がおぼろげだ

DSCF6942.jpg

DSCF6935.jpg


バール(バー)で僕の微妙なイタリア語でおじさんと会話

アペリティフの国だけあって、用意されているオードブルも色とりどり…、あんまり食べ過ぎると夕食用胃袋までいっぱいになるので要注意
DSCF6934.jpg

次の日は、ミラノ~ドモドッソーラ、そして絶景チェントバリ渓谷鉄道で国境越えてスイスのべルシオまで

DSCF6956.jpg
DSCF6954.jpg

途中「レ」を通過  超みじかい駅名

DSCF6982.jpg

山あり谷あり、ビキニあり(海水浴客が下のほうにポツポツいる)
DSCF6970.jpg

DSCF6987.jpg

やっとベルシオに到着

現地のクラウン(道化師)学校に日本から留学中のORIONくんと、ただ一人の日本人住民SASSOくんのお出迎え
さすがにここまで山ん中はいると、いくらヨーロッパ慣れしていてもさっぱりわけわかりません

DSCF7008.jpg
べルシオ

ここには、知る人ぞ知るクラウン「ディミトリー」の演劇学校(道化師学校?)があって、留学中のORION君が早くも公演に出演するというので、観に来ました

DSCF7031.jpg

で、ついでにディミトリーのソロ公演も観れたけど、綱は渡るし、倒立はするし、とにかく動く…、ってもう70代じゃなかったっけ?

DSCF7019.jpg



ORION君の出ている公演も、彼がおいしいところをかなり持っていっていて、このあと別なサーカスの契約がとれたのもうなずけるほど大活躍

毎日すっげーいい天気のべルシオを離れ、同じ道程でパリへ向かう

べルシオは田舎のくせに物価が高い。モノによってはパリの1,5倍から2倍ぐらいのものも!
チェントバリ渓谷鉄道で国境を越えイタリア、ドモドッソーラで昼食

地元の人たちが閑散といる、微妙な感じのトラットーリアへ

昼定食のローストビーフを頼んでみたらこのボリューム
これで、10ユーロしない!

DSCF7039.jpg

目いっぱい公演見て、カラダいっぱい太陽浴びて、お腹いっぱい(これは重要!)の旅でした

















この記事と関連する記事

スイス、べルシオへ

(0)TB(0)

AFTER「2008年8月18日~22日まで ワークショップ開催

BEFORE「ブログの引っ越しです

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top