カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅の掟 よぉーん!

バルト海 リトアニアのフェスティバルへ


ドイツのブレーメンから飛行機に乗って、リトアニアに着いたのが真夜中。
そしてそこからマイクロバスで2時間揺られて、公演地クライペダのホテルに着いたのは夜中3時を回っていただろうか…。
見るからにボロそうなホテルだ。

受付で
「喉が渇いたのでなにか飲み物ください」 
「生ビールしかないけど…」
と4人で大ジョッキのビールをもらい、ベッドに沈む。

部屋はトリプル、みっつあるベットは選び放題。 
ふたりで一部屋なので、互いにもっとも離れたところを選ぶ。
お互い遠ければ遠いほど愛の芽生える可能性も減る…。

朝は晴天
目は一文字
愛も無事芽生えず
言葉も無く朝食を取りに下に降りるとフェスティバルに参加する他のアーティスト達もすでにいる。

クライペダが港町だからなのか、朝から揚げた魚の酢漬けとパンがでた。

DSCF9051.jpg


そんなミスマッチなサプライズ朝食を、フランス人アーティスト達が笑っている。
あんまり食欲はそそられないけど、けっきょく全部食べてしまった。

そのあとまた車に揺られ会場へ。
DSCF9057.jpg



フェスティバルは港湾を使って行われるようで、至る所で仮説ステージやフードコーナーのテントを組み立てている。
そして僕らの楽屋はほとんど廃墟と化した建物の中にあった。

DSCF9062.jpg
アーティストとスタッフの手によりすこしづつ楽屋らしくなってゆく…


格安飛行機、おんぼろホテル、酢漬けの朝食、港湾の会場に廃墟の中の楽屋。
自分たちがドイツのフェスティバルで、いかに良いコンディションで甘やかされていたかが良くわかる。

そう、ここは旧ソビエト連邦。ユーロすら導入していない、EUの新入生。
そうとわかったら、歯を食いしばれー!気を引き締めろー、うさぎ跳び100回!オッス!

そんな時、僕らの前に女神達が現れた。
2日間アーティストをアテンドしてくれるボランティアの女学生。外来語風に言うとジョガクセー。
気がつくとこのフェスティバル、運営スタッフもほとんどジョセイだ。
廃墟と芸人(みんなちょっと汚れ系)の中に、ジョガクセイがいるだけでなんと華やぐ事か。

寝不足で不機嫌なおじさん達が、栄養ドリンクのCMにでてくる人みたいにシャキッと笑顔になっている。
いやー、男って分かりやすい…。

「ランチ デモ イッショニイカガデスカ?」
「お、ぉお、おっけーっ」
ジョガクセーとティファニーで朝食のかわりにクライペダで昼食だー!


DSCF9052.jpg

で、昼ってこれね。 スナックね。


ジョガクセーたちの間ではこれが流行りなんだとか。
 
「リトアニアガール、地毛でパツキンってすごいよね」と妙なところにみんなで感心しつつ、朝食と打って変わって、文句も言わずに食べる食べる。昼から飲む飲む。

DSCF9054.jpg




ジョガクセー効果はまだまだ続く。
みなさん危ない薬でもやっているかのように、本番も張り切りまくり。
イタリア、スイス、フランス、オーストラリア、スペイン、日本(僕ら)からアーティストが参加していたけど、男の単純さには国境は関係ない、インターナショナルであることを発見した次第です。

本番は子供もいっぱい、パツ金ファミリー大集合!
おんな子供とパッキンにはかないません。
おかげでショーもヘンな盛り上がりをみせました。
 
僕らはステージ終わった後に、集まる子供達や日本文化が大好きという若者と「ぴかチュー、ポケモン、ドラゴンボール!」と成立のしない会話、でもコミュニケーションとして無理やり成り立たせる荒技。
しかし、アニメ、マンガの話をしてくる人の多い事…。
アニメ、マンガ業界にはしっかり助成金出してさらに発展していって欲しいですね。

DSCF9069.jpg



終いはフェスティバルのメインスポンサーのビール「SVYTURYS」で喉の乾きをうるおわせ、クライペダ名物「豚の耳」でカンパーイ!

今日のサービスショット

DSCF9065.jpg


バルト海を背にしてタバコをうまそうに吸うミスター・フ・ジイチャン・イエロー

追記
今回クライペダで一緒だった、スイスのグループ”スターバグス”は静岡大道芸フェスティバルのワールド部門にでるんだって。 ライバル現る!

さ、次はドイツに戻るぞー!

| くるくるシルクDX | 02:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keisukekanai.blog87.fc2.com/tb.php/323-fa92d286

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT