FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2009 03/28

コンディション・ピュブリック

今回のフランスでの公演先<コンディションピュブリック>に到着。

La Condition Publique (Roubaix) (ルベ)
http://www.laconditionpublique.com


DSCF7472.jpg

じつはここには、EUから招待された日本の文化使節の方々の通訳として、2005年に訪れた事がある。

その時のテーマは、古い建物を再利用し町おこしをするヨーロッパの文化施設…、とかなんとかいって、マルセイユ、パリ、アミアン、リルの新しいタイプの文化施設などを回る旅だった。


R0010687.jpg
2005年に訪れた時の写真 昔の繊維工場を文化施設にリニューアル。

確かこのころコンディションピュブリックはオープンして間もない頃だったが、今でも立派に運営が続いている。

今回のフェスティバル「LILLE3000 EuropeXXL」でも、リルの文化パワーの衰えを感じないぐらいの充実したプログラム内容。
http://www.lille3000.com/

そして僕らAIUAIO(アイウアイオ)も Focus berlinというベルリン文化にクローズアップした特別プログラムの中に入っている。


R0010690.jpg

リル、そしてリル周辺の文化施設が会場になっているが、今ここではベルリンの様々なアーティストのエキスポジションや公演が企画されている。


DSCF7470.jpg
仕込みの前に、劇場で軽くジャグリング練習をするステファン



<AIUAIO > ダンス-サーカス

日時 2009年 3月28日(土) 20時30分開演
        3月29日(日) 16時開演

場所
La Condition Publique
14 Place Faidherbe, Roubaix


仕込みやいろいろ準備が遅れ、昼飯のタイミングをのがし、結局食事に行ったのが夕方6時。 ピザを注文して出てきたのが7時半過ぎ(一時間半も待たされた!)。

目の前でかなりお年を召した、イタリア人のおじさんが、生地から作ってくれたピザ…(単に仕込みをしていなかっただけかも…)

本場の味! と言いたいところだけど、生地がパンみたいに柔らかくてピザとキッシュのあいのこでした。

DSCF7474.jpg
メンバーが「ベルリンでこんなに待たされる事なんてあり得ない…、やっぱりここはフランスだ…」と言っていたけど、フランスでもこんなに待たされる事なんかあり得ない…。

出てきたピザに、さっそくかじりつくミリアンとトビアス。



ビールでピザを流し込みホテルに直帰で、あしたの本番に備える我ら「アイウアイオ」でした。





この記事と関連する記事

コンディション・ピュブリック

(0)TB(0)

AFTER「déménagement

BEFORE「誇り、記憶、供養

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top