FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2007 06/15

フランス発 ヌーヴォーシルクへの挑戦 《上》

ヌーヴォーシルクってボジョレーヌーヴォーみたいなもん? と日本人に聞かれる事もたびたび…。                                                 だれかかわりに日本語で説明してくれー!と心の中で叫んでいたときに、一筋の光がぁ!                                                                          日本で紹介されるヌーヴォーシルクの記事としては、こないだ取材に来ていた、西元まりさんの記事が一番新しく的確なので引用させて頂きます。 ********************************************* 夕刊フジ レポートF 5月8日掲載 フランス発 ヌーヴォーシルクへの挑戦 《上》 1995年以来、12年ぶりの左右両勢力の全面対決となった大統領選の決戦投票で盛り上がりを見せたフランス。そんなフランスで人気を集める新しい身体芸術「ヌーヴォーシルク」に挑戦する日本の若者が増え始めている。現状をフランスからリポートする。                    (西元まり)  今年1月、「サークル+透明+コントルポワン」というユニークな身体表現の公演が横浜のバンカートで3日間催された。  フランス人アートジャグラー、ドゥニ・ポミエとシルヴァン・カルナヴォルトによるカンパニー「オブジェ・ヴォラン」の公演だ。理系出身の2人は数学的な計算にのっとり、ビデオも使ってジャグリングの絶技を見せる。自在にものを操り、美しい動きに変える見事さに、来場した280人はため息を漏らした。   2人を招聘したのは、ジャーナリストの吉川守さんと小栗山麻子さんがユニットを組む「ル・クプル・ノワール」。「01年ごろからフランスで見たヌーヴォーシルクに魅了され、日本の人々に見てほしくて公演実現に至ったんです」という。  ヌーヴォーシルクとは、70~80年代に誕生した身体芸術で、フランス語で「新しいサーカス」を意味する。現代サーカスともいい、ライオンやゾウなどの動物などを使った伝統的なサーカスとは一線を画す。その現状を見たくて現地に飛んだ。   2年前に騎馬オペラ公演「ルンタ」で来日した馬術団「ジンガロ」は、フランスを代表するヌーヴォーシルク。公演をリバイバルしない主義なので、新作「バトゥータ」のチケットの売れ行きはすさまじい。  「ルンタ」がチベット仏教僧の読経で彩られた哲学的な演出だったので、今回はどんな難しいテーマかと身構えてしまった。 ところが、ショーを見て驚いた。西洋スタイルのほぼ純粋な曲馬ショーで、ユーモアもふんだんに盛り込まれていた。 フランスでツアー中の「ジンガロ」の新作公演「バトゥータ」                                                       thumb_1181855487.jpg                                                  「主宰者バルタバスは20年前の設立当初の原点に戻ったの。フランス中の観客が驚いているわ」と広報のマリオン・フローラスさんは語る。   伝統サーカスへのオマージュを垣間見せる演出は、ほかのカンパニーのショーでも見られた。  若いメンバーで構成された注目のカンパニー「デザコルデ」の新作公演「雨上がり…」は、アクロバットを多用しつつ、ドタバタ演技で笑わせ、舞台で焼けたチョコレートケーキを子供たちに振る舞うなど、親近感ある演出が際立っている。ヌーヴォーシルクらしいなと強く感じたのは、現代感覚に優れた生演奏か。  一方で、15年前結成された空中芸カンパニー「レ・ザール・ソー」は、ドーム型テントを使った大規模な舞台装置と、幻想的・近未来的な演出で長年成功を収めてきたが、今年9月解散するという。 ヌーヴォーシルクをしょって立つと期待される若手アーティスト、ジャン=バティスト・アンドレは、何度も来日公演を果たした親日家。現在ソロ公演で活躍中だ。  「僕は国立サーカス大学出身だから、サーカスアーティストだけど、ショーはダンスが中心だし、見た人は、マルチメディアショーとかコンテンポラリーショーと思うかもね」と話す。  ヌーヴォーシルクが斬新さで注目された時代は過ぎ、ここ数年、伝統サーカスを見直したり融合したりという試みが行われている。そもそも、ヌーヴォーシルクをカテゴリー分けするのはナンセンスかもしれない。そんな変化し続ける身体芸術の世界に、日本の若者たちが挑戦している。                                                                            thumb_1181855651.jpg                                             デザコルデの新作公演「雨上がり…」では、チョコレートケーキを焼いて振る舞う演出も。

この記事と関連する記事

フランス発 ヌーヴォーシルクへの挑戦 《上》

(0)TB(0)

AFTER「フランス発 ヌーヴォーシルクへの挑戦 《下》

BEFORE「Gai-kotsu 45分バージョン

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top