カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノンジャンルに生きる

パリでスイスのマルタンの作品 を久しぶりに観た。

彼の作品は過去に3度みたことがあったが、今回はDJ/ディミトリと彼の二人だけで創った作品だ。
マルタンはフランス/シャンパーニュ地方にある国立サーカス学校の出身でもともとはボールとハットジャグリングの専門だった。 そしてディミトリは長い事スイスでかれと一緒に作品を創ってる、いわば伴侶のようなものだ。
毎回作品のアイデア、舞台美術、音楽などすべて彼等が考え他の人に手伝ってもらいながら作っているようだ。

thumb_1165185812.jpg


GAFF AFF という作品のタイトルなのだがそれ自体ではなんの作品なのかよくわからない。 そもそもいつも彼等の作る作品は、ノンジャンルといえる作品なのだ。 シルクでありダンスでありクラウンであり演劇であり美術であり、とにかく色んなアートの複合体、だからノンジャンルなのである。

でも舞台にはいつも、ところかしこにサーカス出身を思わせるテクニックや発想や立ち方が見受けられるし、チラシにも「シルク(サーカス)」の文字があるので、コンテンポラリーサーカスの枠組みの仲で活動していると言える。

で、作品は…、
舞台端でDJが段ボールを切っている。 で、円盤形に切った段ボールをターンテーブル(レコードプレーヤー)に載せて、段ボールのレコードがノイズを奏で始める。
と同時に舞台に明かりがはいると舞台そのものが巨大なターンテーブル(レコードプレイヤー)になっているではないか。ひえー、なんちゅう舞台美術だ!

で、舞台がターンテーブルとして回転する。マルタンが出て来て、その上でパフォーマンス(生活)を始めるのだが…。

とこれは観てもらわないと、わかりません…。 すいません、説明を放棄します…。

そのあとも段ボールを紙切りのように切られたものがオブジェになったり、とにかく最初っから最後まで、DJのターンテーブルの上で繰り広げられる、と言えば良いのかな? ま、そういう作品。 

今回は一切ジャグリングなしアクロバットなしダンスもほとんどなしで、あるものと言えばクラウン的な要素やジャグリング的要素があるだけで、さらにノンジャンル化が進んでいた。
むむむ、マルタン恐るべし…。
DJのディミトリーもほぼDJプレーには走らない。かれも凄いが、役者であるマルタンはもっと恐るべし…。無駄なものを省いても、二人の世界観はバシバシ伝わってくる。

アーティストとは恐ろしいものです。 はっきりいって怪物です。 作品づくりを突き詰めるとノンジャンル、ノンカテゴリーになってしまって、そこにあるのは世の中に一つしか無いユニック(唯一の)ものが残る、というのが実証された良い例でした(僕にとってですが)。
そこにはダンスもシルクも演劇もありません。 ユニックな世界です。

どうしても考えてしまいますが、マネージャーはこの作品をどう売って、劇場はこの作品をどう宣伝して客を集めるのか不思議です。(といってもマルタンは現代サーカスの世界では有名人ですが…。)

個人的には作品の内容すべては好きになれなかったけど、そこまで突き詰めた、マルタンとディミトリーに拍手です。彼等は毎回、だれも知らない領域にどんどん踏み込んでいきます。 これからも目が離せません。

というわけで、同じアーティストとして、勇気を頂いた次第であります。 ユニックに向かって、自分の作品づくりを頑張りまーす。

この作品を観たい方は↓
THEATRE ARTISTIC ATHEVAINS
45 RUE RICHARD LENOIR, 75011 PARIS(すいませんフランスです)
metro/ voltaire
月曜を除くほぼ毎日公演をやっているようです。時間は曜日によって違います。2006年12月30日まで
劇場予約 01 43 56 38 32(France)

子供には勧めません。 言葉はありません。 バリバリコンテンポラリー作品ですが、ダンスではありません。 とにかく見るしかありません。面白くなくても責任はとりません。 ぼくは大変楽しめました。

自分の作品づくり開始まであと19日。 はっちゃけはっちゃけー!




| サーカスの世界 | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keisukekanai.blog87.fc2.com/tb.php/196-11a30e55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。