FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2006 09/27

文化を楽しむ文化 1

僕らのカンパニーの写真がフェスティバルのポスターに使われていた。                                                   thumb_1159360815.jpg

                                           イタリアはロヴェレットのコンテンポラリーダンスのフェスティバル「ORIENTEOCCIDENTE」にいってきた。
10日間で、参加13カンパニー、15作品(2作品やるカンパニーもあった)、というなかなかのヴォリュームあるフェスティバル。 

参加カンパニー、もしくは振付家の名と作品名をざっと上げると…

○リュック・ペトン La confidence des oiseaux (フランス。生きてる鳥達と戯れながら踊る作品。確か…)

○ミッシェル・アンヌ・ドゥ・メイ sinfonia eroica (ベルギーの振付家。昔ローザスのケースマイケルと一緒にやっていた人らしい。)

○フランソワ・ヴェレ sans retour(フランスの振付家。ダンス以外のファンも多し…。)

○インバル・ピントとアヴシャロム・ポラック oyster(イスラエルのカンパニー、日本でもけっこう公演している)

○モニカ・カザデイ poetanz (イタリアの振付家。それ以上の情報なし)

○シャンタル・ロイアル danse buissonniere, aski pare (グアドゥループの振付家Dife kakoのカンパニー)

○ジョージ・モンヴォイェ boyakodah (コート・ジヴォワール?確か…、 のカンパニー。間違ってたら失礼。名前は前から知っているけど、見た事ありません)

○エディー・マーレム un champ de forces (振付家はフランスとアルジェリアの混血。アフリカ人ダンサーとの作品多し。今回はアフリカ、ヨーロッパ、アジア人ダンサーを使っている。)

○シモーナ・ブッチ studio hieronimus (地元イタリアの振付家)

○カンパニー・ア・コール(cie A'corps) second souffle (ラオス、アルジェリア、フランスのダンサーによるコンテンポラリーヒップホップ、ブレイクダンスの作品。フランスのカンパニー)

○マリア・キランとクローディオ・ブリヂ Bharata bach (バッハにのせた、インド舞踊らしい。見れなかった…)

○ジョゼットゥ・バイツ tonight,barbe bleue (フランスの振付家。ジャン・クロード・ガロッタのところで昔踊っていた人らしいが、それ以外の情報なし…。)

次へ続く


この記事と関連する記事

文化を楽しむ文化 1

(0)TB(0)

AFTER「世界を逆さに見てみよう。サーカス逆立ち教室

BEFORE「文化を楽しむ文化 2

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top