カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

僕とマスクの出会い

マスクいろいろ                                                             thumb_1123502819.jpg フランスで参加した道化師のスタージュで使ったマスク達。これはほんの一部で実際には20ものマスクを使った。 今度、横浜でマスク(仮面)を使ったワークショップをやる。 おもえばマスクと僕の付き合いはながい。 子供の頃はお囃子をやっていて、ひょっとこのお面をつけておどるのが大好きだった。ぼくは極度の恥ずかしがりやだったけど、ひょっとこをつけた僕はこわいもの無しで踊る事ができた。今思うと、いったいどうやったらあんな動く山車のうえで一日何時間も踊れたのだろう。いつもマスクをはずしたあと、ヘトヘトだったのを覚えている。 大人になってからフランスに行く前に能を研修した。ひょっとことは全然違うマスクの世界にノックアウト!「能面」ってあんまりなにも表情がないイメージがあったけど、実際にはあんなに様々な顔をみせるマスクは他にみたことがない。そしてマスクをつけたら必死な思いでマスクの中で存在する。というかそれだけのエネルギーを要求される。「鵺(ぬえ)」という能の作品のシテ(主役)を演じさせてもらった事があるが、二度とあんな経験はできないかもしれない。 アフリカでも色んな国で儀式で使うユニークなマスク達に出会い、行くとおもわずいつも買ってしまう。おかげで結構な数になってきた。 そしてフランスではクラウンのワークショップでマスクの授業。なんで道化師で?って思うかもしれないけど、演技以前の立ち方、居かたをマスクは教えてくれる。道化師も自分はなにものであるかを知った上で演じる物なので、マスクに教わる事が沢山ある、というわけ。なので10ヶ月間必ずマスクは週1時間しかできなくてもかならずやった。 ちゃんとした皮のマスクや彫刻のマスクは高いが、安く簡単なマスクの作り方も習った。ちなみに写真はフランスのワークショップで使っていたマスク。ニュートラル面と原始人面。どちらも造ってもらうと結構高い。 僕が思うに、マスクは自分を開放し新たな自分に出会う、お手伝いをしてくれる大切な存在だ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 金井圭介 マスクとマイムによる身体パフォーマンス ワークショップ in BankART 【講師】金井圭介(Keisuke Kanai) 【対象】ダンサー 、サーカス・アーティスト 、俳優 、ミュージシャンほか、何らかのかたちでアート、身体表現にかかわる方(定員15名) 【期日】2005年8月23日(火)〜26日(金) 【時間】各日13:00〜18:00 【会場】 BankART 1929 Yokohama(公開制)     横浜市中区本町6-50-1     TEL: 045-663-2812 FAX: 045-663-2813     http://www.bankart1929.com 【交通】横浜みなとみらい線「馬車道駅」下車1b出口からすぐ     JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分、「関内駅」徒歩7分 【受講料】20,000円(マスク材料費込み) 【お申込み・お問合せ】Le Couple Noir            TEL&FAX: 03-3816-0239 E-mail: infonoir@aol.com

| ワークショップ | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keisukekanai.blog87.fc2.com/tb.php/133-90db7bed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。