カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モロッコ・サーカスの旅7

モロッコのアシラのメディナ(旧市街)は真っ白な壁の建物がならび、他の町のメディナに比べるとのどかで清潔だ。そして海と太陽と壁画が、一日だけのバカンスの為にここに来た僕らを和ませてくれる。 1113331170.jpg 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜                                                                      アシラの町でやっとビールを出してくれそうな店を発見。 メニューには載ってないけど出す事はできる、ということは<ホントはアルコール出せないんだけど、内緒であなた達に提供しますよ>ということらしい。 そもそもモロッコでアルコールを出せるのは国からオトリゼ(許可)されてる店だけで、そうすると町の中心地にある外国人が多く泊まるホテルのバーかレストランという事になる…。ぼくらがいるのはオトリゼされていない定食屋だが、危険をおかしてまでビールを提供してくれるなんて、なんて親切でできた人達なんだろう。というわけでビールを欲しがるフランス人達の為に、ウェイターの若いにいちゃんはビールを求めてどこかへ出発していった。 さて、テラスで待つ事30分。おつまみで出て来たオリーブも全部食べ尽くし、太陽の下でひからびそうになっている三人(ジェフ、フレッド、セバスチャン)の横で、ビールを昼から飲まない僕とマリアナは最後のミントティーを飲み干す。その横で三人がしびれを切らして「あいつどこまでいったんだ、いくら何でも遅すぎる」「きっと警察に途中で捕まったんだ」「いや、どこいってもビールが見つからなくて探し歩いてるんだよ」と話している。 結局まつこと40分。ウェイターの若いに−ちゃんが遠くのほうからやってくるのが見える。片手にぶらさげている黒いビニール袋には瓶ビールが入ってるようだ。そのままぼくらのところへ持って来るのかと思ったら、まずは店内 へ。 観察していると、なにやらビール瓶を紙のようなもので巻いている。どうやらビールである事を隠す為らしい…。そしてやっと僕らのテーブルへビールを持って来た。 わざわざグラスに注いでくれたがどこからみてもビールであることはバレバレで、じゃあ最初っから隠すなー!と突っ込みを入れたかったがやめた。 せっかく願いが叶ったのに、ジェフ達はテラスでビールを飲んでるのがかえって居心地悪そうで、さっさと残りを飲み干しビール瓶もテーブルの下に隠し、さっさと出発することに。お代は一杯25ディラムなり(約300円)。だいたい料理一皿ぶんの値段だけど、おにーちゃんがビール見つけるために走りまわってくれたので、そのぐらい払ってもしょうがないか…。 ラバトではボッたくられたり、ここアシラではビールのせいで犯罪者みたいな気分になるし、今のところモロッコではアルコールに対していい思い出はない。でも海は綺麗で静かだし、レストランで海産物は新鮮なものを食べられるしおいしいし、おまけに全体的に安いし言うことなしっすアシラは…、座布団10枚! こうしてモロッコでのみじかいバカンスを終え、次はテトゥアンへ出発だー!

| モロッコ、モーリタニアツアー | 03:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keisukekanai.blog87.fc2.com/tb.php/126-b0af1326

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。