FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2005 02/02

アイスランドウイルスにやられましたパート1

今年最初の公演地、アイスランドに行ってきました。                                                    レイキャビクの劇場の洗面所の水道からちょろちょろ水が流れている写真をのっけて、<これがレイキャビクの劇場トイレの水道水だ!>と、このダイアリーに載っけるはずだったのに、どこかにカメラを忘れて来てしまった。ガーン!                                             だいたいなんでそんな写真を乗っけようかとおもったか…。空港から直接劇場に到着しトイレに直行したときのこと…。劇場トイレの水道をひねると硫黄の香り…、手を洗うとなんとなくまとわりつく感じ…、顔を洗うとしっとりすべすべ…、こっ、これはっ、、、、、温泉でねっがー!!!!                                                          そう、どこの蛇口をひねっても温泉水。劇場で出された飲み水も温泉水…。もしや!と思い、劇場の売店にいってみたが、アイスランド語で書かれた甘そうなお菓子が置いてあるだけで、温泉にはかならず売っている、あの見た目あんまりおいしそうじゃない<温泉卵>が売ってない!                        水もお湯もそこらじゅう温泉なのに、温泉卵もなければ温泉まんじゅうも、100円で動くマッサージ椅子も浴衣姿のおねーちゃんもおばーちゃんもおじーちゃんもいなかった!                                                                        ショックはそれだけでは終わらなかった。                                                          アイスランドはその名のとおり、氷と雪にとざされていて…、と思っていたけどそんな景色はほとんどなかった。                              ガーン!                                                                   気温もレイキャビクの町中で5度ぐらいあって、体感温度でいうと湿気のあるパリの方が寒いぐらい。                                                                    山の上の方には雪が残っていたけど、町中はみんな普通の服装でパリとさほど変わらない(Tシャツまでいた!)。                        僕は気合いを入れてニット帽に、下は毛糸のタイツに登山用ズボンと編み上げ靴、そして上はひざまであるダウンジャケットを着ていたが、僕に対するまわりの目はまるで、山からやって来た山賊か、氷を渡ってやって来たエスキモーを見るようだった。                                        まだまだショックは続く。                                                              アイスランドウイルスに襲われた。                      ウイルスの正式名はホントのところ知らないけどとにかく風邪引いた。                                            今回の公演をオーガナイズした、現地のアリアンス・フランセーズ(フランス語学校)ディレクター、フランス人のオリヴィエが、「君はアイスランドウイルスにかかったんだよ、ちょっとやっかいだね」と説明してくれたのだから間違いない。やっかいなんだろう…。先生の言う事は全て正しい。ましてや彼は校長先生なんだから…。                                                                         そんなわけで公演初日。アイスランドウイルスにやられ、熱でつらくて、公演中止にしたかった。                                現に隣の大ホールの芝居は、女優が一人風邪引いて中止になっていた。                                           けど、ディレクター/オリヴィエの「つらそうだけど頑張ってね!」の明るい一言に、「ウイ、ウイ、問題ないよ!まかしといて!」と笑顔で答えてしまう僕。                                             次に生まれ変わる時は、NOと言える日本人を目指したい…。

この記事と関連する記事

アイスランドウイルスにやられましたパート1

(0)TB(0)

AFTER「モロッコ、モーリタニアツアー公演案内

BEFORE「アイスランドウイルスにやられましたパート2

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top