カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「道化師とはなにか…。うーん、わかりません。

BEFORE「アルル、ペルピニャン公演のお知らせ

2004 10/25

アルルといえば、ゴッホ!と思っていたが闘牛もあったのか…

フランス/アルル公演にいってきた。  公演は、一回だけ集中力に欠けた回があったけど、何回もやっている作品だし、あるレヴェルは保っているらしく、分かる人にしか分からない程度の、微妙なぬるさがありました。                                                     この町は二回目なので公演後はミーハーに攻めたいと思います。で、アルルと言えばヴァン・ゴッホ(フランスだとヴァン・ゴック…、ってガンダムの新型兵器じゃありません)! そんなわけで、アルルが描いたカフェと、この辺りに彼が座っていただろう場所でお茶(もちろんビールのこと)してきました。                                        gogh-cafeterrace.jpg                                       そして、今回はタイミング良く闘牛がみれた!                 古代遺跡の中でみるので、気分もえすぱーだ、ぐらでぃあーだ!                                               本物はさぞかしかっこいいのかと思っていたら、ホントの意味での殺しあい!えぐーい、きゃー、ざんぎゃくー!                                                                            thumb_1098661099.jpg                                         牛の生命が消えて行くまでを、みんな、必死に見ます。 もちろん動物なので、完全に倒れるまえによろよろしながらしびれていたり、失禁してしまったりする。                                        闘牛士もうまいのもいれば、へたなのもいて、なかなか命がけ。ホントの意味での「闘牛」を味わえた。                                                                  昔は<ひと対ひと><ひと対怪獣>なんて感じで、こんなことやってたんだなー。                                       そのあとはスペインとの国境ペルピニャンで公演。はしゃぎすぎて、風邪引いた。うーん喉が痛い。あしたからシャンパーニュ地方で道化師ワークショップなのに…、生き延びれるだろうか。ペルピニャンのワイン祭りでワイン試飲したのがたたったのか、アルルの闘牛で死んでいった牛にたたられているのか…。 スタージュも闘牛士になったつもりで死ぬ気でやってみよう!

この記事と関連する記事

アルルといえば、ゴッホ!と思っていたが闘牛もあったのか…

(0)TB(0)

AFTER「道化師とはなにか…。うーん、わかりません。

BEFORE「アルル、ペルピニャン公演のお知らせ

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。