カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

空知遊覧


北海道 空知です

3週間の滞在で、いろんなことをみんなでチャレンジしてつくりまーす!

ぜひ、遊びに観光に公演に、お待ちしていまーす♪

13925786_760220464120840_5159119310202466255_o.jpg



地域から、感動を生み出したい。

「サーカス」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?ひと昔前と違って、現代ではサーカスがまったく新しい姿を見せています。アートとサーカスが出会うことで、「ヌーヴォーシルク(新サーカス)」が生まれ、感動の輪を広げているのです。
「地域力を高めるアートマネジメント人材育成事業」に取り組んでいる北海道教育大学岩見沢校では、広く地域の人たちを対象にアートマネジメントの研修を行なっています。その集大成として、「空知遊覧2016」が公演されます。ヌーヴォーシルクを楽しみながら、地域力の可能性を思い描いてください。

★美唄公演
日時:9月4日(日)13:30開場 /14:00開演 / 15:00終演予定
会場:安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄(美唄市落合町栄町)屋外特設会場※雨天時は体育館内へ会場変更

★岩見沢公演もあります!
日時:9月11日(日)14:30開場 / 15:00開演 / 16:00終演予定
会場:まなみーる岩見沢市民会館大ホール(岩見沢市9条西4丁目1-1)

★演出・出演:金井ケイスケ
★出演:くるくるシルク/吉田亜希/長谷川愛実/浅沼圭

★入場無料(要整理券)
※各プレイガイドの配布上限に達し次第、配布を終了します。
※整理券は、各公演お一人様2枚までといたします。
※小学生以下は保護者同伴に限り入場可。
※整理券をお持ちの方対象に優先入場となります。
※整理券をお持ちの方は、開場時間の15分前までにご整列をお願いします。

【整理券配布場所】
・はまなすアート 0126-22-4235 (岩見沢市9条西4丁目1-1 まなみーる内)

・安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137(美唄市落合町栄町)開館時間9:00〜17:00/休館日:火曜、祝日の翌日(日曜日は除く)

・北海道教育大学札幌駅前サテライト 011-211-4100(札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55 4階)開館時間 平日9:00〜21:30 土・日・祝日9:00〜17:00

・宮田屋珈琲(元気カフェ) 011-211-3231(札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所1階ロビー)営業時間8:00〜18:00/定休日:土曜、日曜、祝日

・SIAFラウンジ 011-252-9360(札幌市中央区大通西13丁目 札幌市資料館1階)開館時間9:00〜19:00/休館日:月曜(月曜日が祝休日の場合はその翌平日)

・岩見沢観光物産拠点センターイワホ 0126-35-4136 
・ホテルサンプラザ 0126-23-7788 
・レストラン コロナのテラス 0126-23-0113(岩見沢市9条西4丁目1-1 まなみーる内)
・岩見沢平安閣 0126-23-4581 
・ミュージックショップバンバン 0126-22-6220 
・Aコープ幌向店 0126-26-2114(岩見沢市幌向南1条2丁目)
・美唄市民会館 0126-63-2185(美唄市西4条南1丁目4-2) 
・砂川市地域交流センターゆう 0125-54-3111 
・たきかわ文化センター 0125-23-1281(滝川市新町3丁目6-44)
・深川市文化交流ホールみ・らい 0164-23-0320 

【出演者プロフィール】(順不同)
金井ケイスケ
1999年、文化庁海外派遣研修員として日本人で初めてフランス国立サーカス大(CNAC)へ留学。サーカス『CYRK13』など海外の公演に多数出演。その後フランス現代サーカスカンパニー「OKIHAIKUDAN」を立ち上げ、ヨーロッパ7カ国、中東、アフリカ26カ国で公演。2004年ヌーヴォーシルク「ヴォヤージュ/芸術の森」の企画出演。2014年ヌーヴォーシルク「フルイルフ/札幌市教育文化会館」演出、出演。今年、Les Recollets2016を受賞するなど、国内外で活躍。

くるくるシルク
2000年に東京の劇団、汎マイム工房の3名の男達で結成されたサーカスパフォーマンス集団。サーカスの本場であるフランスで巻き起こった、ヌーヴォー・シルク(新しいサーカス)のムーブメントに感化されて結成。サーカスを表現手段として、パントマイムやダンスで鍛えた肉体と表現力で、舞台公演や大道芸を行う。
吉田亜希
幼少より体操競技を始める。日本体育大学卒業後、テーマパークで空中アクロバットショーに出演。所属中ダンスの楽しさに興味をもちバレエ、コンテンポラリーダンス、ストリートダンス等の身体表現を学ぶ。近年はアーティストライヴやTV、CM、MV等に出演。また米国、英国にエアリアル修行におとずれる。現在はエアリアルティシューを中心にnet、ring、trapeze、rope等でサーカスの枠にとらわれない空中の自由な表現を追求中。

長谷川愛実
幼い頃から新体操とクラシックバレエを学ぶ。フランスのリヨン国立高等音楽・舞踊学校にて短期研修修了。エアリアル・アート・ダンス・プロジェクトのアカデミーに入学し、エアリアル(空中芸)を学ぶ。「100年サーカス」「SIAM STREET FEST(タイ)」「Andy Lau ALways 2013 China Tour 」など、国内外で活動。ジャグラー目黒陽介とのユニット「うつしおみ」でも活動中。「シルク・ドゥ・ソレイユ」登録キャストメンバー。

浅沼圭
母の影響で幼少期から新体操をはじめ中学で世界大会出場、北京五輪の全日本強化選手に選出。現在は後進の指導にあたりながら、舞台・映像を中心にさまざまなフィールドで活動。日々、身体の言葉を感じ聞き話しながら人間の可能性を探求している。主な出演作に森山開次「サーカス」ほか。

| 最新公演スケジュールなど | 16:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |