カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

親子でベビーコンタクトWS 1月の回 (情報誌シンヴィングに載りました)


親子でベビーコンタクトワークショップ、今年も宜しく!

寒い冬は暖かい部屋でカラダを動かして元気に遊びましょー!

今月のテーマ
「バランスボールを使ってみよう!」


バランスボールを使用して、親子が協力して遊びながら、腹筋や背筋などの大幹を鍛えます。
ひとりではできない、親子が一緒に楽しむことができるバランスボールの使い方をご提案します。

今月のリラックスポイント
「内側から全身をあたためる」


呼吸を整え全身の力を抜いて、身体の中心を探っていきます。声を出すなど、内側から全身をあたためることで、身体の芯をしなやかにします。

1月21日(土)11:00~12:00
会場 もりや学びの里 和室3
参加費(道具代として)子どもひとり300円
申し込み当日受付。ただし、希望者が多い場合、参加をお断りする可能性があります。(前日までの予約を推奨)お問い合わせTEL: 029746 2600
主催アーカスプロジェクト アーカスHP


☆このワークショップを、地元情報誌「シンヴィング」さんが取り上げて下さいました!
(取手市、守谷市、つくばみらい市、常総市、つくば市で配られています。)

CCI00003 のコピー

<記事より抜粋>
パパとママとサーカスしよう!

週末に親子で思いっきり身体をつかって遊べる場所があります。ア―カス・スタジオ(守谷)で開催されているワークショップ「おやこでベビーコンタクト」を体験してきました。

【和室がサーカス小屋に早変わり!?】
壁に、赤、青、緑、黄色といったカラフルなリングや丸皿が並べられていきます。
それから、ジャグリングのスティックが1本、2本、3本、4本。目にするだけでワクワクするような小道具に囲まれ、子ども達のテンションは一気にあがり、もう待ちきれない様子です。

さて、サーカスのはじまり、はじまり~。けれども、このサーカスには玉乗りの象も、火くぐりをするライオンもいません。動物に変身するのは参加している子どもと大人です。
「くまさんになって歩いてみよう」「次はねこさんだよ」講師のリードで、ヨチヨチ歩きの一歳も、跳んだり跳ねたりが大好きな幼稚園児も、運動不足のパパもママも、みんな一緒に、想像力をフル回転させて、自由に身体を動かしていきます。子どもたちは普段からこんな遊びが大好きですが、大人にとっては非日常そのもの。新鮮な体験です。

【いよいよ大技にチャレンジ!】
身体があたたまってきたところで、いよいよサーカスはクライマックスを迎えます。
親子で身体のバランスを意識しながら大技にチャレンジ。まず、お手本として、講師が寝転んだ状態で子どもを手の平に乗せて持ちあげます。
「首を支えてあげて、子どものバランスを感じながら」
とアドバイスをもらいながら、初めて挑戦したお父さんは、20キロの子を自分の頭上を宙返りさせることに成功。
「できた!できた!」と、パパの上で誇らしげな子どもの笑顔がはじけます。お父さんの表情も満足気。
そして、ワークショップの後半は、参加者はサーカスの観客になり、プロのパフォーマンスを見せてもらいます。ジャグリングにパントマイム、手品や、皿回し。「わー!」と大きな歓声があがります。
子どもの目が輝く瞬間です。

【講師は本場フランス仕込みの】
「親子のコミュニケーションのツールとして、遊びにサーカスを取り入れて欲しい」。
ワークショップの講師を務めるのは、守谷市在住のサーカス・アーティスト、金井圭介さん。日本人として初めてフランスの国立サーカス大学に入学を許可され、本場フランスで修業を重ねること10年、その間に世界30カ国以上でサーカスを公演した経歴の持ち主です。

そんな金井さんがこうしたワークショップを企画したきっかけは、「自分に子どもが生まれて、親子のコミュニケーションの手段としてサーカスの技法が使えないかなと思った」ことから。
「子どもと大人が同じ目線に立って遊べるように工夫した」というこのワークショップ、ベビーから未就学児まで楽しめる内容になっています。今後、どこの家にもある身近な物を使ったパフォーマンスも取り入れていくそうです。
日常をちょっと離れ、週末には親子で空中ブランコの旅をしてみてはいかがでしょうか。きっと、子どものとびっきりの笑顔に出会えます!


追伸
今回は応募多数で、ほぼ満員になってしまいました。

次回は2月18日(土)と3月10日を予定しておりますので、ふるってご参加ください!
(なるべく、予約を推奨いたします)



| ワークショップ | 15:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空中キャバレー 追伸


「空中キャバレー」の想い出

松本市民芸術館に行ったら、劇場の冊子「幕があがる」最新号を頂いた。

中を開くと、去年の11月に演った「空中キャバレー」の記事が、素敵な舞台写真とともに目に飛び込んだ。




CCI00002.jpg


松尾尚久さん(松本平タウン情報記者)の文
CCI00006.jpg



CCI00003.jpg

【構成+演出+美術】 串田和美
【音楽監督】     coba
【出演】田中利花 小西康久 内田紳一郎 片岡正二郎 玉井夕海
/秋本奈緒美 串田和美
 /近藤隼 細川貴司 佐藤友 丸山港都
 サーカスパフォーマー:シャルロット・コリー、クレール・リュイス、ロラン・バルブ-、 リコ、 タンタン・オルゾニ、 ヴァロンタン・ベロ、ヴァネッサ・パウ、 金井圭介、 目黒陽介
 ミュージシャン:coba 大熊ワタル こぐれみわぞう 坂本弘道 熊谷太輔 ギデオン・ジュークス 小春


今回はジャグラー目黒君とはじめてのジャグリングデュオ、圭介&陽介のすけデュオ「スケスケジャグラーズ」も出来て、感無量、涙がチョチョ切れました。 目黒君は自分の企画のジャグリング公演があるようなのでそちらもぜひチェック→ながめくらしつ新作公演


しかし「空中キャバレー」はホンッと、素晴らしく楽しい舞台でした。
連日超満員のなか、途中で移動しながらの観客の皆様も、本当にご苦労様でした(でも、クレームが来なかったのはとても楽しんでいた証拠ではないでしょうか。僕も出演していない時は、隠れて楽しんで感動してました)。

「空中キャバレー」ひとまず幕を閉じましたが、もしかすると、もしかすると、再演するかもしれません(といっても一年以上先のようですが)。
今回、見逃した方はぜひ、次の機会に一緒に楽しみましょう!!!

「東京公演はやらないのー?」と聞かれますが、東京から松本へ、お客さんが見に来る舞台公演があっても良いじゃないか~! ということできっと無い…(現に東京からお客さんがたくさん来ていたし)。


「松本演劇工場」
さて、今年の一本目の舞台は、松本市民芸術館の「まつもとシアターファクトリー」です。
今回は私めの役割はワークショップ講師、そして公演サポートですが、参加者の皆さんとスペシャル講師陣と、熱い稽古が繰り広げられています。
発表公演は2月です。お楽しみに! 松本演劇工場



追伸
あ、我が街、守谷の「アーカススタジオ」では『親子でベビーコンタクト』月イチでやってますんで、そちらの方もお待ちしておりまーす!
アーカス


では皆様引きつづき本年も、 おんねがい奉りそうろ~


| 現代サーカスの世界 | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年を迎えて



…2012年に突入です…

今年もこうやってブログを更新することができて幸せです。
元旦早々ウチも揺れましたが、いったい今年はどんな年になるのでしょうね。

経済の世界では金融システムそのものの破綻が取りざたされたり、自然界でもこのあいだの震災を受けて地球は活動期に入った、とか専門家から言われていますが、天変地異は今後も増え続けるのは確かなようです。

確かに宇宙そのものが自分たちと同じ生命体で、地球という生物の上に自分たち人間は乗っかっている。そしてその生命対である地球が冬眠から目覚めはじめた、とイメージすればしっくりきます。
 
目覚めてしまった眠れる獅子…、いや、今年の干支にちなんで、目覚めてしまった龍(地球)。
この龍に効く子守唄をどなたか知っていらっしゃると非常に助かるのですが…。 



…I belive in miracles…

年末に人と会ったり、年が明け年始のあいさつや年賀状をもらって、友人家族が元気であることに幸せを感じたのは、僕だけではないと思います。
震災直後に家族知人の安否確認をして、無事であることを知った時のホッとした安堵感が、正月早々蘇ってきて、ちょっと幸せな気持ちになりました。

その幸せな気持ちを胸に、きのう初練習しました。  
カラダを使って、おもわず嬉しくなりました。
今年も元気に行けそうです。
パフォーマンスを通して、幸せパワーをまき散らしていきたいと思います。

小さな幸せをたくさん積み重ねる。 
それが今の時代を生きる原動力になるはず!
今まで以上に地球の存在を感じながら、いま此処にいる奇跡を味わって生きていく。
うぉー、こうやって文字にするとなんだかワクワクしてきたーっ! 
頭の中になんでか知らんけどジャクソンシスターズのI Belive in Mraclesが流れてるーっ!(分かる人にしかわからなくてメンゴー!)
ありゃーっす!(ありがとうございます)


2012年、皆さんに多くの幸がおとずれますように♡

Hinode.jpg


カナイケイスケ  松本にて  (…でも写真は佐渡島)

| 未分類 | 10:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |