カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外国人

このごろ自分が、外国人だと言う事を忘れる。 
正確に言うと、パリに外国人が多すぎて、自分が何人かなんて考えなくなる。たまにコメの飯と梅干しが食いたくなる事ぐらいが、日の丸の国からやってきた事の証かもしれない。

でもアルプスの近く、グルノーブルに行ったら、さすがに自分はここでは外国人なのかもしれない…と不安にかられた。
外国人だと見破られているのか、それともアジア人を見ると思わず見てしまうのか、単に無精髭のせいなのか知らないが、パリとは全然違う視線を感じた。

で、グルノーブルでは日本人の振付家の公演を観にいった。公演がとてもよくて、思わず日の丸の旗を振りたくなった。梅干しをみるとごはんが欲しくなる条件反射みたいなものかもしれない。でも日の丸持ってなかったから降れなかった。

わたくしは愛国の徒ではないけれど、染み付いた醤油の匂いは拭いきれないのかもしれない。素敵な料理に醤油の要素があると、自然とお箸で食べたくなるのかもしれない。パリの中華レストランで、焼きそばにナイフとフォークが出てくると拒否反応がでる。きっとそのあたりだろう。

最近ウチでは、ケーキを買ってくると、お箸で食べるようになってきた。そのほうがおいしい。説明できないけど、ムース・オゥ・ショコラやミルフィーユをお箸で食べるとなぜかおいしい。

自分の作品でもバゲット(お箸の意味もあるが、棒の意味もある)を使うがなにか関係あるのかもしれない。でもきっと関係ないだろう。

夜中の一時半。背骨がだるいもよう。もう寝よう。
スポンサーサイト

| 分類なし | 09:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。