カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

「2006年08月」日時の記事

スポンサーサイト

ロワイヤル・ドゥ・リュクス

大道芸のカンパニー今年の6月、トゥールーズのCDC(振り付けセンター)でのリハーサルの合間を利用して散歩をしていたら、ロワイヤル・ドゥ・リュクスから枝分かれしたカンパニーが制作したメリーゴーランドに出会った。ロワイヤル・ドゥ・リュクスはフランスを代表するヨーロッパの大道芸のカンパニーで、巨大なオブジェがマリオネットの用な細かさで動き、造形もさることながら、かれらの創りだす世界はとても美しい。去年、僕...

夏の美味しい思いで。

美味しいものたちを紹介させて頂きます                                             ★北海道で食べさせてもらった鹿刺し。野生のシカの生肉。ショウガとよく合う。                                                     ★実家からバイクで45分。高尾山の山頂近くの茶屋で串団子。東京でもここは空気が澄んでいるような…...

越後妻有アートトリエンナーレでワークショップ

越後妻有でのワークショップ報告。 今回の主催は横浜バンカート、オーガナイズにcouplenoirで、場所は越後妻有「大地の芸術祭・アートトリエンナーレ」ということで現地到着。 ちなみに「トリエンナーレ」とはイタリア語で三年に一回ということらしい。ちなみに「ビエンナーレ」は2年に一回…。ぼくはヨーロッパにいながら、その意味知ったのは一年前。なので知らない方のために参考まで。 この芸術祭、とにかく山の中のい...

フランスでだんす

フランスでのサーカスの活動は一区切り。 最近は、南フランス、トゥールーズのダンスカンパニーの新作に参加している。                                                                                                                                               ...

札幌コンカリーニョ、ワークショップの記録

札幌コンカリーニョの金井圭介ワークショップの記録                                                                                                                                                        以下は2006年08月05日のコンカリーニョ活動ブ...

レバノンの思いで

2005年の夏、レバノンへ公演のツアーで行った。あれから一年、いまでは空爆によって街が破壊され、一般市民までが標的にされている。いつまで残酷な歴史は繰り返されるのだろう…。                                                                                    暗殺されたラフィフィ・ハリリ元首相の足跡の再現。この数歩目...

パリ→北海道→新潟→東京→パリ

パリに帰ってきた。 暑いと聞いていたのに、日本よりぜんぜん涼しく感じる。 家の中にいるとちょっと涼しすぎるぐらい…。 しかしもうすぐ夜の7時になろうというのにいまだに明るい。太陽はまだまだ沈む気配はないなぁ。                                       家の前の庭は草ぼーぼーになっていて、幽霊屋敷状態だ。となりの教会からは賛美歌が聞こえる。お隣に最近入ったブラジル人...

越後妻有アートトリエンナーレでのワークショップ

明日から2日間越後妻有でのワークショップを開催します。 ★金井圭介ワークショップ 2006年 8月2、3日 午後 場所/BankART1929のプロジェクトとして 「BankART妻有」(松代エリア・桐山) これ以上の詳細がわからないので、詳しい事はcouplenoir@aol.com まで ※当日参加もOKです。 越後の自然の中でなにができるか楽しみ!...

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。