FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

「ドイツ公演」のカテゴリを含む記事

さよならガイコツ!

デュッセルドルフ公演が終わった。このフェスティバルからオファーが来た時には、パリから荷物をほとんど引き上げた後だったから、オーガナイズに苦労した。まず出演者。今回、作品の中でシルエットや途中のダンスパートをやってくれている、小松原留美ちゃんが出演できなかったので、ベルリンオペラ座で踊る針山エミちゃんが特別出演。短い稽古でバレエダンサーがしないような裏方の仕事や、変な動きをいろいろ覚えて頂きました。...

デュッセルドルフ公演

ドイツ/デュッセルドルフ公演にいってきた。今年で19周年のフェスティバルのポスター、街のあちこちで見かける。駅に着くとさっそくお出迎えのスポンサー車、ピッカピカの最新のBMW(べんゔぇー)に乗って会場へと向かう。その途中「ドガーン!」突然のショックに驚くと、自分が座っている助手席のすぐ真横に車(ピカピカのアウディ)が突っ込んでいるではないか!工事中で見通しが悪くて、赤信号で進んだら、横から来た...

誇り、記憶、供養

トールハウスでの公演を終え、いよいよフランスに出発昔のと殺場を、再利用した複合文化センターの敷地にある劇場Tollhaus。ここは昔、ソーセージやらハムやらありとあらゆるお肉の加工をしていた場所。 いわばこの町の胃袋を支えてきた町の誇りでもある。そしていまでは、クラブイベントからクラシックまで幅広いコンサートと、僕らのような、ポピュラーなコンテンポラリー作品をプログラムしている。劇場ロビー。 天井がとても...

カールスルーエで、初日を迎える

ベルリンの製作期間を終え、ついにAIUAIOのツアーがスタート!まずはフランスとの国境近く、カールスルーエで公演。ちなみに去年、ここカールスルーエでヨーロッパ最大のジャグリングコンヴェンションが開かれた。 ドイツの有名なジャグリングメーカー Henry's(ヘンリーズ)の本拠地でもある。 明日の公演前に劇場で行われる、ジャグリングワークショップには40人も集まるらしい。さすがカールスルーエ…。さて、今日の公演。招...

ハイデルベルク

ドイツ、ハイデルベルクにやってきた。そもそもドイツでコンテンポラリーサーカスを根付かせようと活動する、サーカスアーティストからのオファーからこのプロジェクトAIUAIOは始まった。演出家もディレクターもいない”コレクティフ”というスタイルは現代サーカスの世界では珍しくない。それぞれの専門分野がわかれるシルクの世界だから可能なのかも知れないが、きっとこういう作り方は、芸術分野ではどんどん主流になっていくのだ...

Top