カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MJCサイトを立ち上げました


長野県松本市にきて早くも1年が過ぎました。
そして、ジャグラー達やパフォーマンスが好きな人達が集う場所が欲しくなって、このたび会を立ち上げました。

その名も「松本ジャグリングクラブ」

かなりストレート、直球ど真ん中なネーミング、我ながら角がとれたなと感じる今日この頃です…。

ブログサイトをお借りしてのサイトです。
MJC

職場や家庭や学校でモノを投げたくなったあなたへ…
ここに来れば好きなだけ投げられます!

みなさんご意見などございましたら、宜しくお願いいたします。


ケ・イスケ
スポンサーサイト

| ジャグリング | 12:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パッシングのすすめ

サンプル、ドゥブル、クロワゼ、ピルエット、トマホーク、パスパス…(フランス語で)
日本だとシングル、ダブル、クロス、スピン、トマホーク?…とかっていうのかな?                                             
これらの言葉はクラブジャグリングをする時にでてくる技の名前。クラブジャグリングのもっとも有効な楽しみ方はやっぱりクラブパス!                                                             thumb_1192572458.jpg                                              
このクラブパス(パッシング)
二人でも三人でも四人でも10人でも、きっと100人でもパスをしながら遊べてしまう。
特にクラブはパスをするには持ってこい。これさえあれば世界中どこへいってもジャグラーがいるところなら、その国の言葉が喋れなくてもコミニュケーションが取れてしまう。そして難しいテクニックにこだわらなくても十分楽しめる。                                                           
利点=道具さえ持っていればタダ!持ち運びが楽!長持ちする(マイクラブは7年持った)! 言葉が要らない! ジャグラーは世界中にいるからインターナショナル(南アフリカでもカメルーンでもガボンでも現地人とパッシングした もちろんヨーロッパでも)!
日常だろうが旅先だろうが、食えなくなったら投げ銭で見せられる!
身体も使うし健康にいい!
頭も使うしアルツハイマー防止になる!
女の子に持てる!(はず!) 
女性の場合は男の子にもてまくり!(のはず!)                                                                     
欠点=無い!(強いて言えば少しかさばる、風に弱い、ちょっと高い…)                                                       
まとめ= クラブに踊りにいくのも、オネーちゃんのクラブでお酌してもらうのもいいけど、やっぱりジャグリングのクラブパスの魅力にはかなわない。(はず!)
                                                   で、ジャグラーがフランスにやってくると、一緒にジャグリングをするのがここのとこ恒例に…。                                                          こないだはドイツにジャグリング滞在しているMAROちゃんがパリにやってきた。彼は現在ベルリンのカタコンベンという所で、ひとりタイガーマスクの、虎の穴状態で練習している。                                                                      で、最近はKズマ君                                     
Kズマ君は、EUの文化を大学院で研究対象にしていて、今回はEUからご招待で研修旅行、ついでにフランスまで足を伸ばして、一緒にパリ、ヴァンセンヌの森でジャグリング。                                                                              thumb_1192573984.jpg                                             
当然クラブパスも楽しませて頂きました。                                                         
そして終わった後は公園内でやっていたサーカスCirque Aitalを観に行った。

thumb_1192574398.jpg                                                 
当然日本に行く時は、クラブは必ず持っていく。                                                              
というわけでパスの相手、いつでも募集です。                                                             
◇年齢経験不問 要クラブジャグリング 給与無し 昇給無し 交通費無し 道具貸し与OK









| ジャグリング | 06:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌でジャグリングはいかがでしょう

いつも札幌でお世話になっているジャグリングクラブまめぞうさん、解散の危機?!
お近くにいるかた、ぜひ参加してみてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「まめぞう札幌」解散の危機を乗り越える為、新しいメンバーを増やそうとワークショップを決行!!


ワークショップ用にポイを作ってます。
ボールも作ります。シガーボックスもできればがんばります。

■■ 日 時 ■■
全3回 平成19年 5月23日(水)、30日(水)、6月6日(水)
各日共に 18時45分~20時45分

■■ 会 場 ■■
東札幌児童会館 体育館(白石区東札幌5条3丁目2番)
(地下鉄東西線「東札幌」駅より徒歩約10分)

■■ 対 象 ■■
18歳以上 10名(先着順になります。)
当日は上靴持参、運動のできる服装、汗拭きタオルあれば便利です

■■ 講 師 ■■
ジャグリングクラブまめぞう札幌所属メンバー
Juggling Performance KURO、ミスターきくち、ドンいのまた、かっしー、
QPムラヤマ(3D)、ほろ酔いきよっち等、毎回2~3名で指導します。

■■ 受講料 ■■
全3回で1800円 (ジャグリングボール3個プレゼント)
(3回来れない場合でも、受講料は同じになります。)

■■ 申込み ■■
猪俣 栄治 eiji-juggling@inos-place.com
申込みは、Emailで以下の内容をお知らせ下さい。
名前・性別・年齢・連絡先・習ってみたいジャグリング道具(下参照)
(ボール、ポイ、シガーボックス、デビルスティック、ディアボロ、リング、クラブ)
詳しくはホームページをご覧下さい。
http://www.geocities.jp/jugmame/

■■ 主 催 ■■
ジャグリングクラブ まめぞう札幌

| ジャグリング | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Adrien M を観た

パリでシルク(サーカス)のマネージメントの勉強をしていたジェラルディンと約2年ぶりの再会を果たした。
彼女は現在ジャグリングと映像をミックスしたカンパニーAdrien Mのマネージメントをしている。
                                                                                   thumb_1169946142.jpg


2年ほど前にそのカンパニーの作品<Convergence 1.0>の初期の約20分のヴァージョンを見たことがあるが、ボールジャグリングをチュールにうつした映像をうまくつかっていて、とてもきれいなイメージだったのが印象深い。
そして今回やっとその完成版、約50分の作品<Convergence 1.0>を観る機会に恵まれた。 どんなふうに完成したのか楽しみ楽しみ…。 

土曜の夜の客席は、家族連れでにぎわっている。 
コンテンポラリーサーカスは、アーティスティックであるがゆえ、ファミリー層の観客が作品世界に入りにくいことがあるが、公演がはじまってそんな不安はかき消された。

作品では、ジャグラーとボールの関係がひたすら描かれていく…。
彼(アドリアンM)のボールへのこだわりが、単にジャグリングのテクニックだけではなく、身体や映像、ミュージシャンとの絡みで飽きさせず、笑いも取りながら進んでいく。マニアックな世界でありながらも、観客は気づいたら不思議なボールのマジックの世界にアドリアンとともに迷い込んでしまっている。
ボールの映像もまるで生き物のようにボールが上へ横へ縦横無尽に動き回る様は、みていて気持ちよかった。
最後はカーテンコールの嵐。パリの子供達も大満足。

ソロのジャグリング作品で、ここまで一般の観客を引き込む作品を久しぶりに観た。そしてテクノロジーとジャグリング芸術の融合でありながら、同時に舞台芸術としても素晴らしい。

すでに世界中で公演している作品だし、あえていまさら宣伝する必要もないかもしれないけど、興味がある方はみじかいバージョンならカンパニーのホームページで見れるようになっています。

☆  http://www.adrienm.net/ から 横の<videos>で動画をクリック

以前は研修生だったジェラルディン。今ではすっかりプロのマネージャーの仲間入りを果たしていた。今後の彼らの活動がますます楽しみだ。



| ジャグリング | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本でコンテンポラリーサーカス第2弾 オブジェヴォラン

 thumb_1168248961.jpg
                                                                                  
Le Couple Noirから、オブジェヴォランの日本公演の案内が届いた。 
サーカスカンパニー…、ジャグリングのカンパニー…、アートジャグリング…、説明するのがとっても難しい。とにかく観るしかない。

例えば日本で、ヨーロッパやケベックの最近のサーカスの動きの面白さを伝えようとしても、限界がある。
いつも「現代サーカスってサルティンバンコとかキダムみたいなやつでしょ。」と簡単に片付けられてしまう。
そもそも、日本でシルク・ドゥ・ソレイユ以外の海外の現代サーカスに触れる機会が殆どないので、当然と言えば当然かな…。テレビから入ってくる情報しかないし…。

この現代サーカスのカンパニー「オブジェ・ヴォラン」もサルティンバンコなんかの対局にあるカンパニーの一つだ。

サーカスと言えば娯楽的なイメージがあるが、「サーカスは絵画や音楽と同じようにひとつの芸術である」と言ったのは一昔前のフランス文化相だったなぁ。
政治家にそう発言させてしまうほど、サーカスはバラエティーに、あらゆる方向に開花していると言えるだろう。そしてそういう芸術的なサーカスにふれる機会が日本にはまだすくない…。

そして現代サーカスに関わる芸術家たるもの、新しい世界に飛び込んで、それを切り開いていかなければならない。アーティストにとって「これはサーカスなのか?」なんて議論は無意味だ。
今度、横浜で公演するオブジェヴォランにはそんな姿勢がはっきりと現れている。 

フランス人のジャグラー/ ドゥニは、ジャグラーと言うよりも、芸術家といったほうが近い。

自分なら現代美術を観にいくように、ドゥニ率いるオブジェヴォランを観にいく。あらたな人間の可能性にふれるために…。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「Le Couple Noirからのお知らせ」

Les Objets Volants(オブジェ・ヴォラン)
『サークル+透明+コントルポワン』横浜公演のお知らせ

アート・ジャグリングのオブジェ・ヴォラン来日公演をついに
実現させる運びとなりましたので、お知らせいたします。

フランスよりカンパニー・オブジェ・ヴォランが来日し、2007年
1月19、20、21日、BankART Studio NYK/NYKホールにて、
『サークル+透明+コントルポワン』を上演いたします。

ヨーロッパで注目を集めるヌーヴォー・シルクのなかから、アー
ト・ジャグリングをお届けします。ドゥニ・ポミエ率いるオブジェ・
ヴォランは、ジャグリングを舞台作品として発表しています。
ジャグリングによる身体は、オブジェ、音、光、映像など、さま
ざまな芸術を横断し、ジャグリングのイメージは覆されることで
しょう。新たな舞台芸術の発見です。

それは、マッドな実験室だったり、カンディンスキーやパウル・
クレーからの影響が垣間見られたり、数式が飛び交ったりす
るなかに、ミニマルな音楽とコンピュータ・アートも加わって、
存分に楽しめること請け合いです。

皆様お誘い合わせのうえ、是非とも起こしくださいませ。
2007年が皆様にとって良い年でありますように!
2007年も何卒よろしくお願い申し上げます。

『サークル+透明+コントルポワン』
"Cercles+Transparences+Contrepoint"
【会  場】BankART Studio NYK/NYKホール
【日  時】2007年1月19日(金)20:00開演
      2007年1月20日(土)18:00開演
      2007年1月21日(日)15:00開演
【出 演 者】ドゥニ・ポミエ、シルヴァン・ガルナヴォルト
【料  金】一般 3,000円/学生 2,500円

【ご予約・お問合】
Le Couple Noir(Tel: 03-3816-0239 Fax: 03-3816-0239)
BankART 1929 (Tel: 045-663-2812 Fax: 045-663-2813)

<本公演におけるLe Couple Noirの3つのテーマ>
●小津安二郎をフランスが発見したように日本がオブジェ・ヴォ
ランを発見すること
●実用的なものばかりが重宝される時代に抗して無駄の王様
ジャグリングを楽しむこと
●「常人の及ばない驚くべき地点に達している」プロフェッショナ
ルを畏怖すること

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

| ジャグリング | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。