カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

つくばエクスプレスの守谷駅近く、ヨークベニマルでワークショップ

28年2月28日は茨城県守谷市でワークショップです


kanaikikaku.jpg

皆さま

ぜひ、遊びに来てね〜!

| ワークショップ | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カミーユ・ボワテルWorkShop 参加者募集のお知らせ


瀬戸内サーカスファクトリー
カミーユ・ボワテルworkshop 2015

〜募集要項より〜

政府が全面的にバックアップする、現代サーカスの騎手カミーユ・ボワテル

昨年、さぬき市で滞在制作を行い、高松国分寺ホールを3公演とも満席にした 「キャバレー」の記憶も新しい今、2015年のフランス外務省奨学制度 「オール・レ・ミュール」の大賞を獲得して再び来日を実現させることになりま した。

6月、カミーユ・ボワテルは、サーカスアーティスト金井圭介氏とともに日本 人アーティスト(サーカス、ダンス、演劇など)とのワークショップおよび成果発表を行うことを希望しており、以下の内容にてワークショップ&成果発表 参加アーティストを募集します。

講師:カミーユ・ボワテル、金井圭介(サーカスアーティスト)



日程: 6月21日(日)~25日(木)ワークショップ(表現、創作のワークショップ)
6月26日(金)成果発表の準備、リハーサル
6月27日(土)成果発表(四国村内、一般公開の観覧ありを予定)

会場: 四国村 (香川県高松市屋島中町91 Tel:087-843-3111) 参加費: 30,000円(税込)

交通費、宿泊費、食費は各自別途負担となります。
日程一部のみ参加でも料金は変わり ません

定員:10名程度。
10名を超えるお申し込みがあった場合、書類にて選考をさせていただくこと があります。

瀬戸内サーカスファクトリー

代表 田中みちこ氏のブログ
http://circusdo.exblog.jp/21717770/

CamilleWS2015.jpg


2cami.jpg

cami3.jpg

cami4.jpg

2014年は池袋芸術劇場での公演「リメディア」、そして瀬戸内サーカスファクトリー企画公演「キャバレー」と続きました。

2015年もカミーユ・ボワテルは東京芸術劇場で行われるクレール・リュファンの「眠れない…-L’insomnante」に出演したのち、今回の瀬戸内サーカスファクトリー企画のワークショップ&発表と続きます。






| ワークショップ | 07:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はじめての足長


Stilts (英語) Les echasses (仏語) 足長、高足(日本)

いろんな名前がありますが

僕は、日本では「アシナガ」と呼びます

世界中で似たようなものが見受けられる
このテクニック、というか、早い話がバランス遊び


背が高くなったらモテるんじゃないか? 

スラッと足が伸びたらファッションモデルになれるんじゃないか?

そんな妄想を抱く、そこのあなたにピッタリのアイテムです!(笑)

僕が指導した中でも、最年少! 5歳児!

<5歳児 〜はじめてのアシナガレポート〜>

1回目
「履かせて〜」
「うわぁ! 難しい…」

2回目
「…、…、慣れてきた」

3回目
「… … …」(映像をご参照ください)


年齢、そして経験値によって、アシナガは高さ、技が変わって、難易度がアップしていきます

ぜひ、お試しください!

たまにワークショップ行ってま〜す♪ (僕のは、足の先が1本の棒のやつです)

※興味あるかたはメールフォームからお願いいたします



| ワークショップ | 18:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

音で演じる 〜月イチパントマイム教室〜

平成27年度前期 
月イチパントマイム教室



パントマイム教室も3年目に突入!

石の上にも3年… 
というわけで3年目なんですね〜 
短いような長いような…

パントマイムもいろいろなスタイルがありますが、
今年度はいままで以上に、踏み込んだことをやってみたいと思います


このクラス、継続されている方、新規で新しく入ってきた参加者も、みな和気あいあいとやっています

クラス最後に行う短いエチュード(発表)も、それぞれのキャラクターが現れてステキになってきました

実際に、カベや綱引きのロープが見える瞬間は、観客も引き込まれますね〜


「音で演じるパントマイム」


場所/ 長野県 アイシティ21教室 山形村

開催期間/ 2015/04/08 ~ 2015/09/09

曜日・日時/ 第2水曜 10:30~12:00
回数 6回
(月によっては、実施する週に変更があります。前期は9月10日までとなります。改めてNHKカルチャーHP、もしくは受付でご確認ください)

HNKカルチャー 電話受付/ 0263-97-3950

※途中の回からの参加も可能です
松本NHK i-city HPです↓
「NHKカルチャー 音で演じるパントマイム」


パントマイムは身体の詩です

言葉の代わりに身体の動きで物語を紡いでいきます

カベや綱ひきなどのパントマイムの基本テクニックを覚えて、音楽に合わせてカラダを動かしてみましょう
想像力が養われ、いままで見えなかった世界が現れます

ヨーロッパの舞台で10年間活躍した講師と
フランスのエスプリが効いた摩訶不思議な世界を楽しみましょう!

講師紹介

金井ケイスケ プロフィール

東京のパントマイム劇団「汎マイム工房(主宰/あらい汎)」に10年以上所属
その後、1999年〜2009年まで、フランスの現代サーカスやダンスカンパニーなどで活躍

ダンス、パントマイム、ジャグリングなどさまざまなテクニックを駆使した
オリジナルなパフォーマンスを創り出し、海外36カ国以上の国で公演

セバスチャン・ダルトと組んだ二人だけのサーカス「OkiHaikuDan」は
フランス外務省に派遣され、中東、アフリカ25カ国以上をツアー、ワークショップなどを行う。

松本ジャグリングクラブ代表
くるくるシルクDXメンバー
スローカンパニー/パフォーマンスディレクター
多摩美術大学芸術人類学研究所 特別研究員
東京都ヘブンアーティスト


ぜひ、一度は覗いてみてくださいね〜♪

| ワークショップ | 14:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子ども劇場 冬のワークショップ「サーカスdeあそぼう」 


2015/2/8
松本子ども劇場で
はじめてのケイスケ・ワークショップ!


当日は、小学生から大人まで幅広い年齢層の人達が、30人近く参加してくれました(下は年中の幼児も参加)

今回はジャグリングなどは一切せず、カラダを使って遊んだり、逆立ちをしたり、そして想像力もかなり使ってさまざまな即興にチャレンジ!

サーカスのメインではないけれど、実は奥深い、メインの演技以外の遊び的な部分にスポットをあてた2時間半のワークショップ。

<やってやる!>
慣れ親しんだ家族や、学校の友達同士とも、また違うメンバーと、共同で表現する場というのは、たくさん発見があります。

人それぞれ、子どもそれぞれに、自分が表現したいタイミング、進んでコミュニケーションをとりにいくタイミングがあるんだなぁ…、と思いました。

みんなの前で、いきなりワケのわからない即興して、と言われてもなかなか難しいですよね。
「やってやる!」「とりゃー!」と火の中に飛び込むぐらいの気持ちの子もいたと思います。

そして、なにかやってくれたら「ありがとう!」
できなくても、「そのうち、出来る時がくるさ!」なんて、もっと声をかけてあげられたかな…
いろいろと思うところがありました。

もちろん、百戦錬磨の女性陣(おとな)の表現に、たいていの子どもは、自然とつられてやりはじめていましたが…。

焦らずいろいろな機会を、ぼくら大人が与えていって、これからの世界をもっと楽しくしてもらう、種まきみたいなことをしていければ、と思います。

後半の影絵は即興的にやったものを映像に撮って、観客になって楽しむこともできました。
(ワークの後半部分の影絵即興をまとめてみました↓)





帰ってから、幼稚園の年中の娘に、僕の即興について、ダメだしされました(笑)
「私はこうもできたかな」
「パパは、もっとこうすれば面白いよ!」

そして寝るまで、ああでもない、こうでもないと、カラダをグニャグニャ動かしていたのでした…

松本子ども劇場のみなさん、そして一般参加してくれた方、お疲れさまでした!

| ワークショップ | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT