FC2ブログ

カナイケイスケ

サーカス・アーティスト「金井ケイスケ」、またはパフォーマー「ケイスケ」のページ

「現代サーカスの世界」のカテゴリを含む記事

☆ 祝 サーカス堂ふなんびゅる オープニング ☆

5月22日に、高松にサーカスがやってくる!いやいや、サーカス発信基地 <サーカス堂ふなんびゅる>が出来るんです。今回は高松へ、そのオープニングの応援に行ってきます!Kーイスケの活動では見られない、フランス味のアートパフォーマンスです。高松に来れる人必見!...

パリ(郊外)でサーカスフェスティバル

パリに行ってきました。パリ近郊だけでしたが、いろいろとフェスティバルも見れ、仕事の方もうまくいって大満足なパリ出張でした。レ・クザンのジュロのソロパフォーマンス パリ郊外アカデミーフラテリーニにて。いろいろ訳あり、学生達はストライキ中で準備した公演は中止でしたが、突然ジャグラー達のパフォーマンス。メルゲーズ(辛いソーセージ)の煙の中でジャグリング…。 フランスっぽいです。レザッソ解散後、メンバーの...

出会いと再会

今回の旅の目的は、作品[Gai-Kotsu]のドイツ公演と、10年間のフランス生活の後始末。10年のあいだ、気がついたら自分の人生がフランスのなかに組み込まれ、その社会の毛細血管に絡めとられていたことを、この国から離れてみてつくづく感じる。今後は日本とフランス、いや、ヨーロッパを行ったり来たりしながら仕事をしよう!と思っていたが、それはそれで大変な事に日本に帰ってから気がついた。今回、以前となにも変わらずス...

さよならガイコツ!

デュッセルドルフ公演が終わった。このフェスティバルからオファーが来た時には、パリから荷物をほとんど引き上げた後だったから、オーガナイズに苦労した。まず出演者。今回、作品の中でシルエットや途中のダンスパートをやってくれている、小松原留美ちゃんが出演できなかったので、ベルリンオペラ座で踊る針山エミちゃんが特別出演。短い稽古でバレエダンサーがしないような裏方の仕事や、変な動きをいろいろ覚えて頂きました。...

デュッセルドルフ公演

ドイツ/デュッセルドルフ公演にいってきた。今年で19周年のフェスティバルのポスター、街のあちこちで見かける。駅に着くとさっそくお出迎えのスポンサー車、ピッカピカの最新のBMW(べんゔぇー)に乗って会場へと向かう。その途中「ドガーン!」突然のショックに驚くと、自分が座っている助手席のすぐ真横に車(ピカピカのアウディ)が突っ込んでいるではないか!工事中で見通しが悪くて、赤信号で進んだら、横から来た...

Top